経営コンサルタント「名門コンサルティング」がお贈りする
商標登録の勧め


 

なぜ商標登録が必要なのか


1. 商標とは

 企業は、一般的に自社が提供している商品やサービスに名前をつけます。 この名前(ブランド名)は、自社の商品やサービスを他社のものと区別し、品質を保証する働きを持ちます。
 このように、商品やサービスのイメージを作り、また既に作られているイメージを守る働きをしている名称(ブランド)を、商標と言います。


2. 商標登録が必要な理由

 消費者が商品やサービスを選ぶ際には、つけられた商標によって識別します。
 企業は、その商標の商品やサービスが優れたものであるというイメージを持たせるために日々努力しています。 その結果その商標に信頼感が生まれると、消費者はその商標が入った商品やサービスを安心して購入するようになります。

 このように、商標には商品やサービスを識別する機能や、品質を保証する機能があります。 ですから、自社の商標権は法律で保護され、他社の不正使用を防げるようにしておかなければなりません。 この目的のために、商標登録が必要なのです。



商標登録の実際


1. 商標登録の流れ

ⅰ)商標とその指定商品・指定役務を決める
 まず自社が登録したいと考えている商標とその業務分野(指定分野)を決め、弁理士に相談します。
 商標登録をする際には、その商標をどのような分野に用いるか(指定分野)を指定して登録します。 つまり、商標の権利が及ぶ指定商品・指定役務など、分野を指定して登録します。
 ですから、指定した分野以外の分野については商標権は発生しませんので、指定分野を決める際には慎重に考慮する必要があります。

ⅱ)商標調査
 せっかく特許庁に商標登録を出願しても、自社が出願する区分に先に同じまたは類似した商標が登録されていると、自社商標の登録が許可されません。
 そこで、まず自社が出願する区分に同一または類似の商標が登録されていないかどうかを、一般的には弁理士が特許庁のデータベースを検索する、という形で調査を行います。

ⅲ)特許庁への出願
 ⅱ)の調査の結果問題になるような商標が登録されていなければ、弁理士に出願を依頼し、特許庁に商標登録を出願します。

ⅳ)特許庁の審査
 商標登録の出願後特許庁での審査があり、これが6ヶ月から1年掛かります。
 ただし所定の要件を満たす出願については、追加費用を支払って早期に審査を行ってもらう早期審査制度があります。

 さて、審査の結果特許庁が登録OK!と判断した場合には、審査合格となります。
 問題があると判断された場合には意見を述べる機会がありますが、意見を述べても拒絶理由が解消しない場合には、登録拒絶となります 。

ⅴ)商標登録
 ⅳ)で審査に合格し、登録査定を知らせる書類が届いたら、指定された期間内に登録料を特許庁に支払い、商標を登録します。

ⅵ)商標権の更新
 商標権は10年間存続しますが、更新料を支払って10年ごとに更新すれば、半永久的に商標権を所持し続けることが出来ます。


2. 出願等の実際

 商標登録の流れについては上述の通りですが、出願手続きは一般的に弁 理士(特許事務所等)に依頼して行います。

ⅰ)弁理士(特許事務所)の選定
 近くに弁理士がいて(特許事務所があって)、料金もサービスもOK!であればよいのですが、なかなかそうはいかず、地域独占で料金が高かったり、対応が悪かったり、ということがよくあります。
 その場合は、インターネットなどで弁理士を探すことが出来ます。 その際に弁理士(特許事務所)を選ぶ基準としては、ホームページなどに必要な費用が明記してあること、特許庁に登録を拒絶された場合に費用の返金をうたっていることなどです。

 ちなみに、三沢は自分のビジネスで3つの商標登録を出願していますが、料金や対応の問題で地元の弁理士ではなく、インターネットで見つけた大阪の大槻国際特許事務所に手続きを依頼しました。
 費用は、1件につき62,400円(税込み)です。 この他に、登録の際に48,000円程度(10年間有効な登録を同事務所に依頼した場合)掛かります。

ⅱ)弁理士(特許事務所)への相談及び依頼
 出願する商標と区分を決めたら、弁理士(特許事務所)に相談します。 そうすれば、同一または類似の商標が登録されていないか、特許事務所が調べてくれます。
 調査費用は有料の場合もありますが、三沢が依頼した大槻国際特許事務所は無料で調べてくれました。

 調査の結果同一または類似の商標が登録されておらず、自社の商標が登録される可能性が高ければ、弁理士に商標登録を依頼します。
 登録する区分(業務分野)についても、どうすればよいか弁理士がアドバイスしてくれます。

 そして、商標登録を出願したら、後は吉報を待つのみです。





<< 戻る