経営コンサルタント「名門コンサルティング」がお贈りする
集客に役立つSEO(検索エンジン最適化)


 多くの企業のコンサルティングをさせて頂いていると、 最近では、集客などを目的としてホームページを持っている会社が大多数です。
 こうした会社のホームページ(今後はHPと記載します)を拝見させて頂くと、HP自体はきれいに作成してあり見栄えがするものが多いのですが、能力の高いプロのウェブ・デザイナー(及びHP制作会社)が作成したもの以外のほとんどが、SEOを上手く行っていません。



1.SEOを行っていない理由

 SEOを上手く行っていない理由として考えられることは、第1にHP制作者がSEOという概念を知らないか、知っていてもどのようにすればSEOを行えるかの技術的知識が無いことがあります。
 第2に、制作依頼者(発注者)である企業の担当者が、SEOという概念を知らないので、SEOを制作者に依頼していないということがあります。

SEOとは

 『ちなみにSEOとはSearch Engine Optimizationの頭文字を並べたもので、直訳は”検索エンジン最適化”ですが、その内容は、【潜在顧客がYahooやGoogle等の検索エンジンに”自社の提供する財やサービスに当てはまる検索語”を入力して検索したときに、自社HPを検索結果の上位に表示させるようにすること。】です。

  例えば当社ですと、潜在顧客がYahooやGoogle等の検索エンジンに「経営コンサルタント 仙台」などと入力して検索した場合に、当社のこのHPが検索結果の上位に表示されるようにすることです。』



2.SEOを行わないと不都合な理由

 次に、上述のような理由が考えられるとはいえ、SEOをきちんとやらないとビジネス上不都合な理由を、以下に述べます。
 SEOをきちんとやらないままだと、いくら自社のHPに”検索して欲しい単語”を十分に盛り込んで、ビジュアル的・機能的にも見栄えのするものを制作・アップしたとしても、そのある程度の割合が潜在顧客である検索者の検索に対して、自社のこの優れたHPでも検索結果の上位には表示されません。

少なくとも1ページ目に

 検索エンジンで検索して上位に表示されないHPは、内容がいくら優れたものであっても、ほとんどの検索者は見に来てくれません。  検索者に高い割合で自社のHPを訪問してもらう(見てもらう)ためには、少なくとも検索結果の1ページ目に表示されること、欲を言えば1ページ目の3番以内に表示されることが望ましいのです。



3.具体的なSEO対策

 具体的なSEO対策については次ページ以下で述べますので、ぜひご覧 下さい。

 内部SEO対策
 内部SEO対策



4.SEOを含め能力の高いウェブ・デザイナーのご紹介

 なお当社でも、SEOを含め非常に高い能力を持っているウェブ・デザイナーと契約を結んでおりますので、ご要望があればその方をご紹介致します。





<< 戻る