経営コンサルタント「名門コンサルティング」がお贈りする
具体的なSEO対策



外部SEO対策

 外部SEO対策としては、とにかく被リンク数を増やすことと、被リンクの 質を向上させることに尽きます。
 ただし、最近の検索エンジンは、検索順位を決めるのに以前ほどリンクを重視しなくなりました。 ですから、リンク獲得に注力するよりも、前ページの内部対策の最後の項にある、『良いホームページを作る』という当たり前のこと、をしっかりやった方が良い結果が得られる、と考えて下さい 。


被リンクとその本数

 被リンクとは、他のウェブサイトから自社のウェブサイトにリンクが張ら れていることで、被リンク数とはそのリンクの本数のことです。


被リンクの質

 また被リンクの質については、リンク元サイトトップページのページラン クの高さ、リンク元ページのページランクの高さ、リンク元サイトの発リンク 数の少なさ、リンク元サイトやその発リンクページと自社サイトとの内容の関 連性の高さなどが問題となります。
 また、リンク元サイトのIPアドレスやドメインが分散していることも重要 です。


IPアドレスの分散

 被リンクがSEO対策上効果を発揮するためには、リンク元サイトのIP アドレス(IPアドレスはインターネット上の住所のようなもので、ウェブサ イトを載せるサーバー毎に割り振られています)が分散している必要がありま す。
 同一IPアドレスのサイトから多数のリンクをもらっても、大きな効果が得 られません。


ドメインの分散

 同一のドメインから多数のリンクをもらっても、追加的な効果はほとんどありません。 ですから、被リンクがSEO対策上効果を発揮するためには、リンク元のドメインやIPアドレスは分散している必要があります。




<< 戻る