ブログ

仙台市・経営コンサルタントが読む「Harvard Business Review」8

 仙台市で経営コンサルタントをお探しの皆様、こんにちは。 「名門コンサルティング」代表の三沢やすしです。

1. 経営者のための「企業変革」の本を
 今日は、世界的な名門の経営大学院「Harvard Business School」が出している権威あるビジネス誌「Harvard Business Review(HBR)」で、その「Change Management」の本を読了した感想と内容の概略をお話しします。  経営者の皆様は、興味を持って読めるお話しですので、ぜひ最後までご覧下さい。

2. HBR書籍:Change Management

US$24.95(Amazonで2,300円くらいで購入)

裏表紙

目次

中身1

中身2

   企業変革に役立つ内容が盛り沢山!
 この書籍のタイトルは、上述のように「Change Management」ですが、そこは「HBR」なので、最初から最後まで「経営者として臨む企業変革」について書いてあります。 現状維持を望む「従業員に対する説得の方法」や、「反対勢力の抑え方」など、盛り沢山なので、このブログをご覧の皆様にも有益な書籍に仕上がっています。

   頭の良い人たちが書いているので
 また、この本の著者は、HBS(Harvad Business School)の教授やHBSを卒業して世界最高のコンサルティングファーム「マッキンゼー」で出世している人、など、とても頭の良い人たちばかりです。

 ですから、難しいことでも分かりやすく、かつ、プレーンな英語で書いてあります。 その結果、経営者としては未熟な僕でも、この本をすらすら読めました。

3. Contents(目次)
  1. Leading Change: Why Transformation Efforts Fail

  2. Change Through Persuasion

  3. Leading Change When Business is Good: An Interview with Samuel J. Palmisano

  4. Radical Change, the Quiet Way

  5. Tipping Point Leadership

  6. A Survival Guide for Leaders

  7. The Real Reason People Won’t Change

  8. Cracking the Code of Change

  9. The Hard Side of Change Management

  10.Why Change Programs Don’t Produce Change

4. 面白かったコンテンツとその概略
  1. Change Through Persuasion
 この章では、企業変革を目指す経営者として、「従業員を説得することを通じて目的を遂げるための方法」を、以下の4つのステップに分けて書いています。

 1)
Set the Stage for Acceptance
 今までと違ったやり方を取らざるを得ない理由を、従業員に詳しく説明する。 そして、従業員をして、変革を受け入れる気持ちにさせる。

 2)Frame the Turnaround Plan
 従業員が自分のこととして正しく捉えられるような方法で、経営者としての企業変革プランを彼らに示す。

 3)Manage the Mood
 従業員が経営者の変革プラン実行にフォーカスし続けられるように、正しく現実を思い起こさせる。 また、変革を達成できると思わせる。

 4)Prevent Backsliding
 従業員に、変革のための正しい行動を繰り返し行わせる。 また、必要であれば、正しくない行動をとった従業員を公に批判することもある。

  2. Leading Change When Business is Good: An Interview with Samuel J. Palmisono
 この章では、競争力を保つために、会社が順調な時に「新たな価値を基にしたマネジメントシステムを作り出す方法」を、以下の5つのステップに分けて述べています。

 1)Gather Employees’ Input on Values
 会社が行うチャレンジを助けるために、リーダーとしてあなたが信じる価値(Values)を提案する。 そして、それに対する従業員からのフィードバックを集める。

 2)Analyze Employees’ Input
 ここでは、従業員からの注力(input)やフィードバックを、会社が行うチャレンジを助けるという観点から精査する。

 3)Revise Your Values
 2)を受けて、リーダーとしてのあなたが提案する価値を修正して再提案し、再び従業員からの注力やフィードバックを集める。

 4)Identify Obstacles to Living the Values
 再度従業員からの反応を精査して、何が決められた価値をもたらすことを妨げているのか(何が企業変革の障害になるのか)を特定する。

 5)Launch Change Initiatives to Remove Obstacles
 そして、最後に、策定した「企業に新たな価値をもたらす変革プログラム」を、始める。

  3. Tipping Point Leadership
 この章では、企業変革時のリーダーシップについて、以下の4ステップで記しています。 もう少しですので、最後までご覧下さい。

 1)Break Through the Cognitive Hurdle
 定められた改革のために、抽象的なメッセージを投げかけても従業員の心に響かないので、まずは主要な管理職に会社の問題点を体験させる。

 2)Sidestep the Resource Hurdle
 現有の資源を、変革のために最も必要なエリアに集中的に投入する。 ないものねだりも分散投入もダメ!

 3)Jump the Motivation Hurdle
 まずは、社内でカギとなる主要インフルエンサーを説得して、そのモチベーションを高める。 それから、全従業員のモチベーションを高めるようにする。

 4)Knock Over the Political Hurdle
 尊敬されている上級管理職を改革チーム内に置いて、既得権などのために無言で反対する者を特定する。 そして、彼らに、変革が必要な事実を明確に示す。


仙台市・経営コンサルタントが読む「Harvard Business Review」7

 仙台市で経営コンサルタントをお探しの皆様、こんにちは。 「名門コンサルティング」代表の三沢やすしです。

1. 企業リーダーのための「EI」の本を
 今日は、世界的な名門の経営大学院「Harvard Business School」が出している権威あるビジネス誌「Harvard Business Review(HBR)」で、その「Emotional Intelligence」の本を読了した感想と中身の概略をお話しします。  経営者の皆様は、興味を持って読めるお話しですので、ぜひ最後までご覧下さい。

2. HBR書籍:Emotional Intelligence

US$24.95(Amazonで2,200円くらいで購入)

裏表紙

目次

中身1

中身2

   リーダーの心の持ち方の本です!
 この書籍のタイトルは、上述のように「Emotional Intelligence」ですが、そこは「HBR」なので、最初から最後まで「企業リーダーとしての精神力の増し方や心の持ち方」について書いてあります。
 
 経営者としての能力の一つが精神力であることは間違いないので、この本を読んで、書いてあることを実行すれば、今後の貴社のパフォーマンスに大きく貢献するはずです。

   頭の良い人たちが書いているので
 また、この本の著者は、HBS(Harvad Business School)の教授やHBSを卒業して世界最高のコンサルティングファーム「マッキンゼー」で出世している人、など、とても頭の良い人たちばかりです。 ですから、難しいことでも分かりやすく、かつ、プレーンな英語で書いてあります。 その結果、未熟な僕でも、この本をすらすら読めました。

3. Contents(目次)
  1. What Makes a Leader?

  2. Primal Leadership:The Hidden Driver of Great Performance

  3. Why It’s so Hard to Be Fair

  4. Why Good Leaders Makes Bad Decisions

  5. Building the Emotional Intelligence of Groups

  6. The Price of Incivillity:Lack of Respect Hurts Morale-and the Bottom Line

  7. How Resillience Works

  8. Emotional Agility: How Effective Leaders Manage Their Negative Thoughts and Feelings

  9. Fear of Feedback

  10.The Young and Clueless

4. 面白かったコンテンツとその概略
  1. Primal Leadership:The Hidden Driver of Great Performance
 この章では、まず、「リーダーの感情的知性が社内(特にボトムライン)の雰囲気に大きな影響を与える」と述べています。 そして、感情的リーダーシップを強めるための方法として、以下の5ステップを挙げています。

 1)Who do you want to be?
 「自分自身をとても能力の高いリーダーであるとイメージしなさい。 そうすれば、何が見えてくるか?」という思考演習によって、自分の理想と現実とのギャップを明らかにする。

 2)Who are you now?
 同僚や部下からの360度のフィードバックを集めて、自分のリーダーシップを見つめ直しなさい。 それによって、自分の強みと弱みを把握しなさい。

 3)How do you get from here to there?
 「現在の自分と成りたい自分のギャップを埋めていくための計画」を立てなさい。

 4)How do you make change stick?
 「取るべき新たな行動が自動的に出来るようになるまで」繰り返し練習しなさい。

 5)Who can help you?
 最後に、自分一人で感情的スキルを築き上げようとするのではなく、助けてくれる人を見つけなさい(コーチや仲間など)。

  2. Building the Emotional Intelligence of Groups
 この章では、まず、「仕事はチームでなされることが多いので、集団の感情的知性(EI)はとても重要である」と述べています。 集団のEIは、単に個々のメンバーのEIの合計ではなく、感情的気づきと調整をサポートする規範からくるものであり、その規範が集団としての「信頼、アイデンティティ、効力感」を築く、としています。

 そして、集団内の個々人及び集団としてのEIを高める方法を、ここで詳細に記しています(このブログでその概略を書くには紙幅が足りないので、残念ながら割愛させて頂きます)。

  3. Emotional Agility:How Effective Leades Manage Their Negative Thoughts and Feelings
 この章では、ビジネスリーダーが「生産性を高めるEmotional Agility」を持ち得るようにする4つのステップ、について記しています。 その4つとは、以下の通りです。

 1)Recognize your patterns
 「自分が特有の思考パターンを持っている」ことを認識する。

 2)Label your thoughts and emotions
 自分の考えや感情に名前を付けることによって、それが一時的なものであることに気が付き、自分にとって有益か無益か判断出来るようになる。

 3)Accept them
 自分の考えや感情を、心を広く持って、あるがままに受け入れてかみしめる。 そうすれば、重要な事柄が何かというシグナルが得られ、些末な事柄に煩わされないようになる。

 4)Act on your values
 最後のステップとして、自分自身の価値に従って行動する。 この一連のステップを踏むことによって、自分が最もなりたいリーダーになれる。


仙台市・経営コンサルタントが読む「Harvard Business Review」6

 仙台市で経営コンサルタントをお探しの皆様、こんにちは。 「名門コンサルティング」代表の三沢やすしです。

1. 経営戦略の本を
 今日は、世界的な名門の経営大学院「Harvard Business School」が出している権威あるビジネス誌「Harvard Business Review(HBR)」で、その「Strategy(経営戦略)」の本を読了した感想をお話しします。  経営者の皆様には一番興味を持って読めるお話しですので、ぜひ最後までご覧下さい。

2. HBR書籍:Strategy

US$24.95(Amazonで2,400円くらいで購入)

裏表紙

目次

中身1

中身2

   経営者のための「戦略」の本です!
 この本は、全編「経営戦略」について記述してあります。 もちろん、そこは「HBR」なので、対象読者はCEO(最高経営責任者)や上級管理者です。 HBS(Harvard Business School)の看板教授の1人マイケル・ポーターも、有名な「Five Forcesによる競争戦略の構築」について、手短にまとめたものを寄稿しています。 

   頭の良い人たちが書いているので
 また、この本の著者は、HBS(Harvad Business School)の教授やHBSを卒業して世界最高のコンサルティングファーム「マッキンゼー」で出世している人、など、とても頭の良い人たちばかりです。 ですから、難しいことでも分かりやすく、かつ、プレーンな英語で書いてあります。 その結果、未熟な僕でも、この本をすらすら読めました。

3. Contents(目次)
  1. What Is Strategy?

  2. The Five Competitive Forces That Shape Strategy

  3. Building Your Company’s Vision

  4. Reinventing Your Business Model

  5. Blue Ocean Strategy

  6. The Secrets to Successful Strategy Execution

  7. Using the Balanced Scorecard as a Strategic

  8. Transforming Corner-Office Strategy into Frontline Action

  9. Turning Great Strategy into Great Performance

  10.Who Has the D? How Clear Decision Roles Enhance Organizational Performance

4. 面白かったコンテンツとその概略
  1. What Is Strategy?
 この章では、まず、「オペレーションの効率化は戦略ではなく、持続的な競争優位をもたらさない。」と言っています。 そして、戦略的ポジショニング(位置取り)の根底には以下の「3つの原則」がある、と述べています。

 その3つの原則とは、1)戦略とは、ユニークで価値のあるポジションの創造である。 2)戦略は、貴社に、「競争していく上で何をしないかを選ぶ」というトレードオフを要求する。 3)戦略は、必然的に「企業の諸活動を、お互いに(その戦略に従って)フィットさせる。」ことを含む。 です。

  2. The Five Competitive Forces That Shape Strategy
 この章では、貴社の利益を押し下げる可能性のある以下の「5つの力(Five Forces)」に留意して戦略を立てなさい、と述べています。 その5つの力とは、 1)競合 2)消費者 3)サプライヤー、 4)新規参入者  5)代替物 (有名な、ポーターの「5フォース」)です。

 そして、取るべき戦略は、 1)上記の5フォースが最も弱いところに、自社をポジショニングする。 2)上記の5フォースの中でも、その変化を利用する。 3)上手く設計された戦術を用いて、自社に都合が良いように5フォースを変える。 である、としています。

 この章は、経営戦略の大家マイケル・ポーターの面目躍如といったところです。

  3. Blue Ocean Strategy
 この章は、書籍「ブルーオーシャン戦略」で有名な、フランス「Insead」ビジネススクールのキム教授たちが書いています。

 ブルーオーシャン戦略の基礎として、 1)必ずしも技術的な発見・発明を必要としない。 2)遠いところではなく、自社のコアビジネスの近くに作り出せる。 と言っています。 また、ブルーオーシャンの実現のためには、「顧客価値提供のために必要でないものを省いてコストを削減し、かつ、更なる顧客価値提供を実現する。」ことが必要であると言っています。

 これらのことは、書籍「ブルーオーシャン戦略」でも、著者たちが述べています。

  4. Turning Great Strategy into Great Performance
 この章では、策定した戦略から優れた実行結果を出すための「7つの原則」について、述べています。

 その「7つの原則」とは、 1)戦略は、シンプルなものにする。 2)戦略の基になる仮説を検証する。 3)それぞれのパフォーマンスを測るフレームワークを、全社で統一する。 4)早い時期に、用いるリソース(資源)について議論する。 5)優先順位を明確にする。 6)パフォーマンスを継続的にモニターする。 7)実行能力を強化する。 です。


仙台市・経営コンサルタントが読む「Harvard Business Review」5

 仙台市で経営コンサルタントをお探しの皆様、こんにちは。 「名門コンサルティング」代表の三沢やすしです。

1. サイバーセキュリティの本を
 今日は、世界的な名門の経営大学院「Harvard Business School」が出している権威あるビジネス誌「Harvard Business Review(HBR)」で、その「Cybersecurity」の本を読了した感想をお話しします。  経営者の皆様には興味深いお話しですので、ぜひ最後までご覧下さい。

2. HBR書籍:Cybersecurity

2019年発行・US$22.95(Amazonで1,900円くらいで購入)

裏表紙

目次

中身1

中身2

   経営者のためのサイバーセキュリティ
 この本は、「Cybersecurity」という書名の通り、最初から最後までサイバーセキュリティに関する文章が載っています。 ただ、そこは「HBR」なので、テクニカルな話しよりも、CEOや上級管理者として、いかようにして「自社にサイバーセキュリティを構築するのか」ということがメインテーマとして取り上げられています。

   頭の良い人たちが書いているので
 また、この本の著者は、HBS(Harvad Business School)の教授やHBSを卒業して世界最高のコンサルティングファーム「マッキンゼー」で出世している人、など、とても頭の良い人たちばかりです。 ですから、難しいことでも分かりやすく、かつ、プレーンな英語で書いてあります。 その結果、未熟な僕でも、この本をすらすら読めました。

3. Contents(目次)
  1. Internet Insecurity

  2. Security Trends by the Numbers

  3. Why Boards Aren’t Dealing with Cyberthreats

  4. The Behavioral Economics of Why Excutives Underinvest in Cybersecurity

  5. Why the Entire C-Suite Needs to Use the Same Metrics for Cyber Risk

  6. The Best Cybersecurity Investment You Can Make Is Better Training

  7. Better Cybersecurity Starts with Fixing Your Employees’ Bad Habits

  8. The Key to Better Cybersecurity:Keep Employee Rules Simple

  9. The Avoidable Mistakes Executives Continue to Make After a Data Breach

  10.Active Defense and “Hacking Back”:A Primer

  11.Cybersecurity is Putting Customer Trust at the Center of Competition

  12.Privacy and Cybersecurity Are Converging. Here’s Why That Matters for People and Companies

  13.What Countries and Companies Can Do When Trade and Cybersecurity Overlap

  14.AI is the Future of Cybersecurity, for Better and for Worse

4. 面白かったコンテンツとその概略
  1. Internet Insecurity
 この章は前書きに続くもので、「インターネットに接続されているデジタルシステムは、どれほどセキュリティを強化しても絶対に安全な訳ではない。」と言っています。

 そして、対策として、 1)もし破られれば自社のビジネスを破壊するプロセスと機能を特定し、出来る限りインターネットから切り離し、信頼できる人とアナログ機器で制御出来るようにする。 2)攻撃者(Hacker)の思考パターンと手口を学ぶ。 3)「すべての従業員が、デジタルシステムが異常な動きをしたら、素早く対応する」ような企業風土を作る。 などを挙げています。

  2. Better Cybercecurity Starts with Fixing Your Employees’ Bad Habit
 この章では、「技術的対策だけでサイバー攻撃を防ぐのは難しいので、従業員の行動も正さなければならない。」と述べています。

 その具体例として、 1)オプトアウト方式で、VPNの使用や2段階認証などの安全性の高い方式の採用者を増やす。 2)ソフトウエアのアップデートを定期的に行うようにさせる。 3)従業員が安全性の高い方法を取ったか、点数付けする。 4)従業員の行動について、同じ間違いを犯さないようにフィードバックする。 などを挙げています。

  3. The Avoidable Mistakes Executives Continue to Make After a Data Breach
 この章では、「経営責任者がサイバーアタックの被害に対する対応を誤まれば、自らの組織に大損害を与え、その評判を損なう。」と述べています。

 その対策として、 1)サイバー被害を想定して、事前に対応計画を策定しておく。 2)顧客を守るために、事前に予防的手段を講じる。 3)サイバー被害は単に技術的なモノではなく、トップに責任があるのだと認識しておく。 などを挙げています。

  4. Cybersecurity is Putting Customer Trust at the Center of Competition
 この章では、「お客様の信頼による競争優位を保つためには、お客様のデータとプライバシーを守り、お客様にそのことをしっかりと見せて、お客様との関係を死守しなければならない。」と述べています。
 
 また、順序は前後しますが、お客様からの信頼は、「測定されたり証明されたりするものではなく、幾多の企業活動によってシグナルとしてもたらされるものである。」とも記しています。


仙台市・経営コンサルタントが読む「Harvard Business Review」4

 仙台市で経営コンサルタントをお探しの皆様、こんにちは。 「名門コンサルティング」代表の三沢やすしです。

1. AI(人工知能)の本を
 今日は、世界的な名門の経営大学院「Harvard Business School」が出している権威あるビジネス誌「Harvard Business Review(HBR)」で、その「Artificial Intelligence(人工知能)」の本を読了した感想をお話しします。  皆様にも興味が持てるお話しですので、ぜひ最後までご覧下さい。

2. HBR書籍:Artificial Intelligence

2019年発行・US$22.95(Amazonで1,900円くらいで購入)

裏表紙

目次

中身1

中身2

   人工知能のビジネスへの応用
 この本は、「Artificial Intelligence」という書名の通り、最初から最後まで人工知能に関する文章が載っています。 ただ、そこはHBRなので、AIについてのテクニカルな話しよりも、CEOや上級管理者として、いかようにして「自社のビジネスにAIを導入し、それを上手に使って、競争優位を築くか。」ということが取り上げられています。

   頭の良い人たちが書いているので
 また、この本の著者は、HBS(Harvad Business School)の教授やHBSを卒業して世界最高のコンサルティングファーム「マッキンゼー」で出世している人、など、とても頭の良い人たちばかりです。 ですから、難しいことでも分かりやすく、かつ、プレーンな英語で書いてあります。 その結果、未熟な僕でも、この本をすらすら読めました。

3. Contents(目次)
 Section1:Understanding AI and Machine Learning

  1. The Business of Artificial Intelligence

  2. Inside Facebook’s Workshop

  3. Why Companies That Wait to Adopt AI May Never Catch Up

 Section2:Adopting AI
  4. Three Questions About AI That Nontechnical Employees Should Be Able to Answer

  5. Is Your Company’s Data Actually Valuable in the Ai Era?

  6. How to Choose Your First AI Project

  7. What Will Happen When Your Company’s Algorithms Go Wrong?

 Section3:AI and the Future of Work
  8. How Will AI Change Work? Here Are Five Schools og Thought

  9. Collaborative Intelligence:Humans and AI Are Joining Forces

 Section4:The Future of AI
  10.Three Ways AI Is More Emotional

  11.How AI Will Change Strategy:A Thought Experiment

  12.The Future of AI Will Be Less Data, Not More

4. 面白かったコンテンツとその概略
  1. The Business of Artificial Intelligence
 この章では、「AIは、その使用目的が限定されない、最も重要な新しい技術である。 特に、機械学習(ML・Machine Learning)はその中核をなす。」と述べています。

 そして、機械学習システムは、「それが、どのようにして結果をアウトプットしたのかを人間が理解するのが難しい。」システムである、つまり因果の特定をしづらいシステムである、と記しています。

 また、「AIの欠点をカバーし競争優位を持つためには、AIの能力と人間の能力を統合しなければならない。」とも書いています。

  2. Three Questions About AI That Nontechnical Employee Should Be Able to Answer
 この章では、AI導入企業がその果実を得るためには、「すべての従業員がAIについての必要最小限の知識は持っていて、以下の3つの質問に答えることが出来なければならない。」と述べています。 

 その質問とは、1)How does it work? 2)What is it good at? 3)What should it never do? です。 現今の機械学習を中心としたAIが、「どのように学習させれば上手く働くかを知り、倫理的に誤った使い方をしない。」ということを全従業員が知っておく必要がある、ということです。

  3. Collaborative Intelligence:Humans and AI Are Joining Forces
 この章では、「企業がAIの恩恵を最大限に得るためには、AIと人間がどのように協働出来るのか、そのためにビジネスプロセスをどうのように再構築するのか。」を理解していなければならないと述べています。

 つまり、「人間はAIの能力を向上させるのに必要であるし、優れたAIは人間の能力を拡張してくれる。 だから、企業は、人間とAIが効率的にコラボして、その能力を大きく向上させるようにビジネスプロセスを再構築しなければならない。」と記しています。

  4. The Future of AI Will Be Less Data, Not More
 この章では、「AIが発達するにつれてボトムアップの大量のデータを必要としなくなり、人間がやるようなトップダウンの理由付けアプローチが出来るようになる。」と述べています。 そうすれば、「AIが人間のように世界を理解できるようになるので、その使用(適用)領域が大幅に広がる。」と書いています。

 このことにより、ますますビジネスの生産性が上がって、商品やサービスの値段が下がるでしょう。



▲ Topへ