ブログ

仙台・経営コンサルタントが読む「Harvard Business Review」27

 仙台市で経営コンサルタントをお探しの皆様、こんにちは。 「名門コンサルティング」代表の三沢やすしです。

1. 「不況対策」の本を
 今日は、世界的な名門の経営大学院「Harvard Business School」が出している権威あるビジネス誌「Harvard Business Review(HBR)」で、その「Managing in a Downturn」を読了した感想とその概略をお話しします。 「コロナ不況などの対策」を知りたい経営者の方は、ぜひ最後までご覧下さい。

2. HBR書籍: Managing in a Downturn

US$24.95(Amazonで2,300円くらいで購入)

裏表紙

目次

中身1

中身2

   A. 「不況対策」を詳細に記述!
 この本は、「Managing in a Downturn」という書名にふさわしく、最初から最後まで、「不況時に企業が取るべき対策」を、詳細に記載しています。 ただ、そこは「HBR」の本なので、経営者(CEO)及び上級管理職を対象読者としています。

   B. 頭の良い人たちが書いているので
 また、この本の著者は、HBS(Harvad Business School)などの教授や世界最高のコンサルティングファーム「マッキンゼー」で出世した人など、とても頭の良い人たちばかりです。 ですから、難しいことでも分かりやすく、かつ、プレーンな英語で書いてあります。 その結果、未熟な僕でもこの本をすらすら読めました。

3. Contents(目次)
   1. Seize Advantage in a Downturn

   2. How to Survive a Recession and Thrive Afterwards

   3. How to Bounce Back from Adversity

   4. Rohm and Haas’s Former CEO on Pulling Off a Sweet

   5. Leadership in a(Permanent) Crisis

   6. How to Be a Good Boss in a Bad Economy

   7. Layoffs That Don’t Break Your Company

   8. Getting Reorgs Right

   9. Reigniting Growth

   10.Reinvent Your Business Before It’s Too Late

   11.How to Protect Your Job in a Recession

4. 役に立つコンテンツとその概略
  Seize Advantage in a Downturn
 この章では、「不況時に自社の弱点を最小化し、その後に競争優位を獲得する方法」を述べています。 著者2人は、著名な戦略系コンサルティングファームBCG(Boston Consulting Group)のパートナーです。

 まずは、「不況時に自社の弱点を最小化する方法」の概略を、以下に記します。

 1)Financial Fundamentals
 不況を生き抜くためには、財務上流動性を保つことが最重要である。 そのためには、

  A. Monitor and maximize your cash position
 キャッシュフローをモニターする仕組みを作り、自社のキャッシュポジションを最大化するように努める。

  B. Tightly manage customer credit
 顧客への与信供与を、しっかりと管理する。 与信リスクごとに顧客をセグメント化したり、重要で価値のある顧客のみに与信を供与したりする。

  C. Aggressively manage working capital
 製造と調達をモニターして在庫を減らすとともに、顧客への与信を主体的に管理して売掛金を減らす。

  D. Optimize your financial structure
 無駄な負債を減らす。 与信枠を安全に保つ。 自己資本(及びその比率)を、高く保つ。

 2)Share Price
 資本を調達する場合でも、企業を買収する場合でも、自社が市場において競合よりも高い価値を持つことが重要である。 そのためには、インベスターズリレーションシップをきちんと行うこと、自社株買いよりも配当を行うこと(BCGの調査の結果、自社株買いよりも配当の方が株価が高くなる)、が大事である。

 3)Current Business
 (好況時の放漫経営などで)不況時に弱点を持つ会社ならば、以下のことを行う必要がある。

  A. Reduce costs and increase efficiency
 長く活動していてもビジネス上の価値を生まないことを止める。 好況時には完全に実行し得なかった効率化計画を、不況を追い風としてきちんと行う。 カギとなる機能を、一か所にまとめる。 海外での活動を検討する。 などを行う。

  B. Aggressively manage the top line
 「既存顧客維持活動」を活発化させる。 営業部隊を効果的に働かせて、目先の収益を増やす。 などして、売上(topline)を保つ。

  C. Rethink your product mix and pricing strategies
 既存の製品の低価格版を売り出す。 サービスをアンバンドルする。 サブスクリプションなど、使った分だけの支払いを受けるようにする。 など、価格戦略を再考する。

  D. Rein in planned investments and sell assets
 投資を厳格化する。 生産的でない資産を売却する。 などを行う。

 この章では、これらの後に、「不況時においても競争優位を獲得するための方法」が述べられています。 ただ、こちらは、あまり具体的な内容ではなかったので、割愛させて頂きます。


仙台・経営コンサルタントお薦め「Googleスマートディスプレイ」

 仙台市で経営コンサルタントをお探しの皆様、こんにちは。 「名門コンサルティング」代表の三沢やすしです。

1. スマートディスプレイとは
 今日は、ビジネスマンの最強のお供とも言えるGoogleスマートディスプレイ「Google Nest Hub(税込定価15,400円)」をご紹介します。 ここで、スマートディスプレイとは、インターネット回線(Wi-Fi)によってGoogleやAmazonなどのAI(Artificial Intelligence・人工知能)に繋がって、多くの機能を持っているディスプレイのことです。

2. Google Nest Hub

同裏面

  A. 7インチディスプレーが付いて
 この「Google Nest Hub」は、上記写真のように、今までのスマートスピーカーにディスプレイ(7インチ)が付いたものです。 ディスプレイが付いたことによって、今までの音声による機能に加えて、地図を表示したり写真を表示したり出来るようになりました。 また、天気予報なども、音声に加えてその移り変わりをも図示してくれます。

  B. 個人的な秘書代わりに
 都合が良いことには、ビジネスマンにとっては、このスマートディスプレイは秘書代わりになります。 もちろん、日本語・英語のみならず多言語に対応しています。 音声で指示すれば、画像と音声で色々な事を教えてくれるので、パーソナルセクレタリーとして使えます。 接待で使えるお店なども、写真と地図入りで示してくれます。

  C. 辞書や百科事典代わりに
 当然のことながら、これは辞書や百科事典代わりにもなります。 例えば、「監査法人について教えて!」と話しかけると、ウィキペディアからの監査法人に関する情報を教えてくれて、画面に更なるリンクを表示します。 また、英単語など外国語(もちろん日本語も)の意味や綴りなども教えてくれます。

  D. 目的地までの経路も
 自分が行く建造物○○までの経路を知りたいときにも、「OK Google、○○について教えて!」とこのスマートスピーカーに対して話しかけると、「その建造物の写真と住所、地図と自宅からの経路」を表示してくれます。 また、「青葉区一番町の地図を出して!」などと言うと、その場所の地図を出してくれます。

  E. 音楽も楽しめて
 また、Googleのスマートディスプレイは、音楽ストリーミングサービスの「Spotify」や「Google Play」と連携できるので、自分の好きな音楽をBGM代わりに聴きながら楽しく仕事することができます。 曲ごとにジャケットの写真も表示されます。

3. クロームキャストと組み合わせて
 それから、このスマートスピーカーは、Googleから発売されている「Googleクロームキャスト」と組み合わせれば、TV(HDMI端子)に画像と音声を出力することができます。この機能により、「YouTube」などを大画面で楽しむことが出来ます。

    AVシステムと連携させて
 また、当社では、同じくGoogleから発売されている「Googleクロームキャストオーディオ」(購入価格・税込3,900円)と組み合わせて、オフィスにあるAV(もちろんアダルトビデオではなくオーディオヴィジュアル)システムのアンプに音声を出力して、BGM代わりにクラシック音楽を楽しんでいます。

クロームキャストオーディオ

当社のAVシステム

 このように多機能の「Google Nest Hub」、僕はビジネスマンのお供としてお薦めしています。 安い費用で仕事の効率が上がりますので、ぜひ皆様もお試し下さい。


仙台・経営コンサルタントお薦め「フィットネスバイク」

 仙台市で経営コンサルタントをお探しの皆様、こんにちは。 「名門コンサルティング」代表の三沢やすしです。

1. 外出しなくなって
 このブログをご覧の経営者の皆様は、コロナウイルスのせいで外出する回数を減らしているのではないでしょうか(会社にとって大事な体ですから)。 かく言う僕も、どうしてもの場合以外は外で飲食しなくなりました。 そんな僕もなのですが、皆様も、経営者として、時々色々なものを発散したくなるのではないですか?

2. そんな時に「フィットネスバイク」を
 そんなときにお薦めなのが、家の中で体を動かせる「フィットネスバイク」(エアロバイクなどとも言います)です。 その見た目は、以下の写真の通りです。

フィットネスバイク・斜め後ろから

同・後ろから

同・モニターパネル

  A.中国製なので割安
 上記写真・僕の「フィットネスバイク」は、Amazonから完成品を購入して34,000円くらいでした。 中国製の大量生産品なので、物量の割には安く、自分の体と心を大事にする経営者の皆様にとっては、どうと言うことのない値段です。

  B.負荷のレベルは変えられる
 この「フィットネスバイク」には、上記写真のようにモニターパネルがついていて、漕いだ時間、脈拍数、消費カロリー、などが分かるようになっています。 また、使用者の体力に合わせて、負荷のレベル(ペダルの重さ)が多段階に変えられるようになっています。

  C.十分使い物になる
 僕が、これを実際に毎日使ってみた結果、このような手頃な価格のモノでも十分に実用に耐えることが分かりました。 運動不足・外出不足の経営者の皆様には、とてもお薦めです。 ジムに行く時間も節約でき、コロナウイルス感染のリスクも避けられます。

 価格比較サイト「価格ドットコム」にも多数の「フィットネスバイク」が出ていますので、皆様もご覧になってはいかがでしょうか。

3. バイクを漕いで得られる効用
 バイクを漕いで体を動かす(有酸素運動をする)ことにより、まず睡眠が改善したり、仕事からくるストレスが緩和されたりします。 僕も、仕事の合間にバイクを漕ぐようになって、日ごろの運動不足が解消され、ぐっすりと眠れるようになりました。 また、仕事上のストレスもあまり感じなくなりました。

   仕事の効率がUP!
 更に、僕の場合は、上記の効果に加えて、体が疲れにくくなるとともに集中力が増し、日々の仕事の生産性がかなり向上しました。 このブログをご覧の皆様も、仕事の合間にバイクを漕げば、その効率が大きくUPするはずです。 会社に籠って仕事だけをやっていては効率が上がりませんので、時々はバイクを漕いで体を動かして下さい。


仙台・経営コンサルタントが読む「Harvard Business Review」26

 仙台市で経営コンサルタントをお探しの皆様、こんにちは。 「名門コンサルティング」代表の三沢やすしです。

1. 管理職のための「会計学」の本を
 今日は、世界的な名門の経営大学院「Harvard Business School」が出している権威あるビジネス誌「Harvard Business Review(HBR)」で、その「Finance Basics for Managers」を読了した感想とその概略をお話しします。 会計学を身につけたい管理職の方は、ぜひ最後までご覧下さい。

2. HBR書籍: Finance Basics for Managers

US$19.95(Amazonで1,800円くらいで購入)

裏表紙

目次

中身1

中身2

   A.「会計学」の基礎と実務への応用が
 この本は、「Finance Basics for Managers」という書名にふさわしく、最初から最後まで「マネージャークラスのための会計学の基礎」が載っています。 ただ、そこは「HBR」のガイドブックなので、実務に応用できる知識(及び方法)が多数記載されています。

   B. 頭の良い人たちが書いているので
 また、この本の著者は、HBS(Harvad Business School)などの教授や世界最高のコンサルティングファーム「マッキンゼー」で出世した人など、とても頭の良い人たちばかりです。 ですから、難しいことでも分かりやすく、かつ、プレーンな英語で書いてあります。 その結果、未熟な僕でもこの本をすらすら読めました。

3. Contents(目次)
  Section1: FINANCE BASICS
   1. Finance Quiz

   2. The Key Financial Statements

   3. The Fundamental Laws of Business

  Section2: MAKING GOOD DECISIONS AND MOVING THOSE NUMBERS
   4. Using Statements to Measure Financial Health

   5. Grow Your Profits by Streamlining Your Business

   6. Working Your Assets to Boost Your Growth

   7. Profit not Equal Cash (and You Need Both)

   8. Why Cash Matters

   9. Your Balance Sheet Levers

   10.What’s Your Working Capital Model? A Case Study

   11.Learn to Speak the Language of ROI

   12.Practical Tools for Management Decisions

  Section3: THE LIMITS OF FINANCIAL DATA
   13.What the Financial Statements Don’t Tell You

   14.The Five Traps of Performance Measurement

   15.Finance Quiz

4. 役に立つコンテンツとその概略
 Using Statements to Measure Financial Health
 この章では、財務諸表(Financial Statement・F/S)から企業の健康状態を測定する方法(財務分析の方法)が述べられています。 内容は、(日本語の会計学の本でもよく有るのですが)、財務比率の分析です。 以下に、その概略を記します。 内容は日本語の本とほとんど変わりませんが、英語表記を覚えても良いかも知れません。

 1)Profitability Ratios
 これは、利益率のことである。 ここでの指標は、高い方がより多くの利益が出ていて、企業にとっては望ましい。

 Return on assets(ROI):総資産利益率・(営業利益/総資産×100)%

 Return on equity(ROE):自己資本利益率・(営業利益/自己資本×100)%

 Return on sales(ROS):売上高対利益率・(営業利益/売上高×100)%

 Gross prfit margin:売上高対粗利益率・(粗利益/売上高×100)%

 2)Operating Ratios
 これは営業に関する比率のことで、企業の営業効率を表す。

 Asset turnover:総資産回転率・(売上高/総資産) この指標は、高い方が資産を効率的に運用しているということである。

 Receivable days:売掛金回収期間・(売掛金/売上高×365) この指標は、キャッシュフローのためには短い方が望ましい。

 Days payable:買掛金支払期間・(買掛金/売上原価×365) この指標は、条件による。

 3)Liquidity Ratios
 これは流動性比率のことで、企業の短期的な安全性(支払い能力)を示す。 ここでの指標は、高い方がより安全である。

 Current ratio:流動比率・(流動資産/流動負債×100)%・200%以上が望ましい。

 Quick ratio:当座比率(酸性試験とも言う)・(当座資産・流動負債×100)%・100%以上が望ましい。

 4)Leverage Ratios
 これは、財務レバレッジ(負債によるレバレッジ)の比率である。

 ・Interest coverage ratio:インタレスト・カバレッジ・レシオ・(営業利益+受取利息+受取配当金/支払利子)・この指標は、高い方が望ましい。 絶対に1以上でなくてはならない。

 ・Debt to equity:負債比率・(負債/自己資本×100)%・この指標は、あまり高いと企業の安全性を損なうし、新規借入金の金利が高くなる。

 5)How Ratio Analysis Relates to You
 比率分析は、 A.自社と競合との相対的有利・不利を知るためにも、 B.時系列で自社のトレンドを把握するためにも、 C.業界平均をベンチマークとして自社の位置を知るためにも、 有益な方法である。 また、財務諸表から導き出したそれぞれの比率の意味については、上記1)~4)に記した通りである。


仙台・経営コンサルタントが読む「Harvard Business Review」25

 仙台市で経営コンサルタントをお探しの皆様、こんにちは。 「名門コンサルティング」代表の三沢やすしです。

1. 部下への「フィードバック」の本を
 今日は、世界的な名門の経営大学院「Harvard Business School」が出している権威あるビジネス誌「Harvard Business Review(HBR)」で、その「Delivering Effective Feedback」を読了した感想とその概略をお話しします。 部下の成長を願う管理職の方は、ぜひ最後までご覧下さい。

2. HBR書籍:Delivering Effective Feedback

US$19.95(Amazonで1,800円くらいで購入)

裏表紙

目次

中身1

中身2

   A. 部下を成長させる「フィードバック」
 この本は、「Delivering Effective Feedbac」という書名にふさわしく、最初から最後まで「部下を成長させるためのフィードバックを適切に行う方法」が載っています。 ただ、そこは「HBR」のガイドブックなので、主にマネージャークラス(日本企業では部課長)を対象としたものになっています。

   B. 頭の良い人たちが書いているので
 また、この本の著者は、HBS(Harvad Business School)などの教授や世界最高のコンサルティングファーム「マッキンゼー」で出世した人など、とても頭の良い人たちばかりです。 ですから、難しいことでも分かりやすく、かつ、プレーンな英語で書いてあります。 その結果、未熟な僕でもこの本をすらすら読めました。

3. Contents(目次
  Section1: ONGOING FEEDBACK
   1. Giving Effective Feedback

   2. Sometimes Negative Feedback is Best

   3. Giving Feedback That Sticks

   4. A Better Way to Deliver Bad News

   5. The Set-Up-to-Fail Syndrome

   6. How to Give Feedback That Helps People Grow

   7. Recognize Good Work in a Meaningful Way

  Section2: FORMAL PERFORMANCE APPRAISALS
   8. Delivering an Effective Performance Review

   9. Managing Performance When It’s Hard to Measure

   10.Stop Worrying About Your Employee’s Weakness

   11.How to Set and Support Employee Goals

   12.When to Grant a Promotion or Raise

   13.Tips for Record Keeping

  Section3: TOUGH TOPICS
   14.How to Help an Underperformer

   15.Delivering Criticism to a Defensive Employee

   16.How to Give Star Performers Productive Feedback

   17.Prioritizing Feedback-Even When Time is Short

   18.Navigating the Choppy Waters of Cross-Cultural Feedback

   19.How to Discuss Performance with Your Team

4. 面白かったコンテンツとその概略
 1. Recognize Good Work in a Meaningful Way
 この章では、「部下の仕事ぶりの上手な認め方(部下のパフォーマンスがさらに上がる認め方)」を、以下の5項目にまとめて述べています。

 1)Deliver Recognition Frequently
 これは、「高い頻度で部下の仕事ぶりを認めた方が、彼らのモチベーションが上がる」ということで、最低でも2週間に1回くらいは行うべきである。

 2)Tie the Message to Organizational Values
 これは、部下に与えるメッセージを、「組織・ユニット・チームの目指す価値と明白に結びつけることによって、彼らの考えや行動をより望ましいものにする」ということである。

 3)Match the Award to the Achievement
 これは、部下に与える報償を、「彼らが達成した度合に合ったものにする」ということである。 大きな結果を出したのに小さなものしか与えなければ、かえって逆効果である。

 4)Tailor Rewards to the Individual
 これは、部下に与える報酬は、「それぞれの能力や気質に合ったものにする」ということである。 もらって喜ぶものは、人によって違う。

 5)Don’t Forget Teams
 チームによるプロジェクトの場合でも、「ステップ毎に目標をクリアしたら、最後まで待たずに、チーム全体に褒章をあげる」ということである。

 2. How to Set and Support Employee Goals
 この章では、「部下が適切な目標を設定して、それを達成する」ことを助ける方法が記載されています。 以下の7項目に、その概略を記します。

 1)Connect employee goals to larger company goals
 部下が立てる目標が、彼らに取って意味深くモチベーションを高めるものであるためには、それを会社の目標(時として、部下は明確には分からない)と結びついたものにさせる必要がある。

 2)Make goals attainable but challenging
 部下には、達成可能ではあるが、そのためにはかなりの努力が必要な目標を立てさせる。 そして、それは、会社のミッションに貢献するものでなければならない。

 3)Create a plan for success
 一旦部下が目標を設定したら、どのようにしてそこに至るのか説明させる。 大きな目標をいくつかの業務に分解させて、それぞれ中間目標も設定させる。

 4)Monitor progress
 部下の進捗状況を時々レビューして、問題を早めに摘み取る手助けをする。 小目標(業務)毎のレビューは、1週間に1回行うようにする。

 5)Assist in problem solving
 日頃から、部下が自分に相談しやすい環境を作っておく。 そして、部下の業務に問題が発生して彼らが相談に来たら、あるいはレビュー時に問題を確認したら、彼らがそれを解決できるように手助けをする。

 6)Sculpt for personal goals
 部下の、仕事のだけではない個人的な目標についても、それが形になるように手助けをする。 例えば、自分の仕事の範囲を超えて同僚や若手を手助けしたい、などの場合である。

 7)Hold people accountable-including yourself
 部下が目標達成に失敗した時には、かれらと議論を尽くしてその原因(特に、内的要因なのか外的要因なのか)を見極める。 そして、彼らに可能な解決策をアドバイスする。


仙台市・経営コンサルタントが読む「Harvard Business Review」24

 仙台市で経営コンサルタントをお探しの皆様、こんにちは。 「名門コンサルティング」代表の三沢やすしです。

1. 「戦略的思考」の本を
 今日は、世界的な名門の経営大学院「Harvard Business School」が出している権威あるビジネス誌「Harvard Business Review(HBR)」で、その「Thinking Strategically」を読了した感想とその概略をお話しします。 自分が直面する仕事を大きく捉えたい方は、ぜひ最後までご覧下さい。

2. HBR書籍:Thinking Strategically

US$19.95(Amazonで1,800円くらいで購入)

裏表紙

目次

中身1

中身2

   A. 自分の仕事を大きく捉える方法が
 この本は、「Thinking Strategically」という書名にふさわしく、最初から最後まで「ビジネスマンとして自分の仕事を(戦術レベルではなく戦略レベルで)大きく捉える方法」が載っています。 ただ、そこは「HBR」のガイドブックなので、主にマネージャークラス(日本企業では部課長)を対象としたものになっています。

   B. 頭の良い人たちが書いているので
 また、この本の著者は、HBS(Harvad Business School)などの教授や世界最高のコンサルティングファーム「マッキンゼー」で出世した人など、とても頭の良い人たちばかりです。 ですから、難しいことでも分かりやすく、かつ、プレーンな英語で書いてあります。 その結果、未熟な僕でもこの本をすらすら読めました。

3. Contents(目次)
  Introduction: Why Everyone Needs to Think Strategically

  Section1: Get Started
   1. Strategic Leadership: The Essential Skills

   2. To Be Strategic, Balance Agility and Consistency

   3. Prove You7re Ready for the Next Level by Showing Off Your Strategic Thinking Skills

  Section2: Understand Your organization’s Strategy
   4. Understanding Your Organaization’s Strategy

   5. Strategy Isn’t What You Say, It’s What You Do

   6. Building a Strategic Network

  Section3: Develop a Big-Picture Perspective
   7. Spotting Trends and Patterns Affect Your Business

   8. Look at Your Company from the Outside In

   9. Thinking Long-Term in a Short-Term Economy

   10.The Future Is Scary. Creatives Thinking Can Help

   11.Zoom in, Zoom Out

  Section4: Align Decisions with Strategic Objectives
   12.Reflect on Your Actions and Choices

   13.Seven Steps for Making Faster, Better Decisions

   14.How to Make Better Decisions with Less Data

4. 面白かったコンテンツとその概略
  Strategic Leadership: The Essential Skills
 この章では、調査の結果、「上級管理職(Executive)として戦略的リーダーシップを発揮するためには、6つのスキルが必要である。」と述べています。 以下に、その6つのスキルの概略を記します。

  1)Anticipate
 これは、「先手を打つ」ということである。 環境を精査して事前に変化のシグナルを掴むなどして、その能力を高めておかなければならない。 その具体策としては、
 
   A. 市場調査とビジネスシミュレーションを行って、競合の行動を予測する。

   B. シナリオプランニングを行って、想定外の将来に備えておく。

   C. 最近失注した顧客をリストアップして、失注の理由を突き止め、しかるべき対策を取る。

などがある。

  2)Challenge
 これは、「現状を疑って既存の考え方に挑戦し、視点の転換を図。」ということである。 この能力を高めるためには、

   A. 表面に現れる現象ではなく、問題の根本的な原因にフォーカスする。

   B. 自身のビジネスで長く受け入れられている考えをリストアップして、他の集団にそれが正しいかどうか聞く。

   C. 意思決定プロセスに、イエスマンだけではなく反対意見を持つ人物も入れる。

などを行う。

  3)Interpret
 これは、正しくチャレンジするためは、「複雑で錯綜する情報をきちんと引き出して、それらを正しく解釈する」能力が必要である、ということである。 このためには、

   A. あいまいな、時には矛盾するデータを分析したときには、自分のだけではなく、多様な利害関係者の視点で、最低3つの可能な説明をリストアップする。

   B. 物事の細部にズームインしたり、ズームアウトして概観したりする。

   C. 自分の考えに反する情報も、決して見落とさないようにする。

などを行う。

  4)Decide
 これは、不確かな情報で素早く意思決定しなければならないときには、「複数の選択肢を持ち、それぞれのトレードオフを考慮して意志決定を行う」という能力である。 この能力を高めるためには、

   A. 2択での意思決定の代わりに、他のオプションも考え、聞いてもみる。

   B. 大きな意思決定をする代わりに、よく分かっていることについての小さな意思決定を繰り返す。

   C. 自分の意思決定に影響を与える人物(または組織)、影響を受ける人物(または組織)を特定しておく。

などを行う。

  5)Align
 これは、利害関係者(及び組織)と良い関係を保つ能力のことである。 この能力を高めるためには、

   A. 利害関係者とは、早めに、頻繁に、コミュニケーションを取って、「俺は聞いていない。」などと言わせない。

   B. 組織内外の鍵となる利害関係者を特定して、利害が反する部分をピンポイントで掴んでおく。

   C. 自分の行動に対する利害関係者の反応を注視して、対策を取れるようにしておく。

などを行う。

  6)Learn
 これは、(自らの成功からも失敗からも)学習する能力のことである。 これを高めるためには、

   A. 行動後は必ずレビューを実施し、学んだ事柄(失敗して注したプロジェクトからも)を文書にして残す。

   B. 期待された結果を得られなかった行動をリストアップして、その根本的な原因を探る。

   C. 探求を良しとする企業文化・チーム文化を作り、間違いを学習の機会とみなすようにする。

などを行う。


仙台市・経営コンサルタントが読む「Harvard Business Review」23

 仙台市で経営コンサルタントをお探しの皆様、こんにちは。 「名門コンサルティング」代表の三沢やすしです。

1. 「ビジネスマンとしての生産性」を高める本を
 今日は、世界的な名門の経営大学院「Harvard Business School」が出している権威あるビジネス誌「Harvard Business Review(HBR)」で、その「Being More Productive」を読了した感想とその概略をお話しします。 ビジネスマンとしての自らの生産性を高めたい方は、ぜひ最後までご覧下さい。

2. HBR書籍:Being More Productive

US$19.95(Amazonで1,800円くらいで購入)

裏表紙

目次

中身1

中身2

   A. 仕事での自分の生産性を高める方法が
 この本は、「Being More Productive」という書名にふさわしく、最初から最後まで「ビジネスマンとして自分の生産性を高める方法」が載っています。 ただ、そこは「HBR」のガイドブックなので、能力と意欲の高いオフィスワーカーを対象としたものになっています。

   B. 頭の良い人たちが書いているので
 また、この本の著者は、HBS(Harvad Business School)などの教授や世界最高のコンサルティングファーム「マッキンゼー」で出世した人など、とても頭の良い人たちばかりです。 ですから、難しいことでも分かりやすく、かつ、プレーンな英語で書いてあります。 その結果、未熟な僕でもこの本をすらすら読めました。

3. Contents(目次)
  Section1: Take Stock
   1,2,3章

  Section2: Plan Your Day
   4,5,6,7,8,9,10,11,12,13,14章

  Section3: Find Your Focus
   15,16,17,18,19,20,21,22,23章

  Section4: Motivate Yourself
   24,25,26,27,28,29章

  Section5: Get More Done on the Road
   30,31章

  Section6: Take Time Off
   32,33,34章

4. 面白かったコンテンツとその概略
  1. A Toolto Help You Reach Your Goals in
 この章は、目標達成の研究で有名な Heidi Grant さん(コロンビア・ビジネススクール教授)が書いています。 内容は、高い確率で目標を達成するための4つのステップについてで、それを以下に記します。

 1)最初に、目標を立てる。

 2)立てた目標を、いくつかの明確な小目標にブレークダウンする。

 3)それぞれの小目標を達成するための行動を、詳細に確認する(誰が、いつ、どこで、どのように)。

 4)行動への引き金となる「If-Then」プランを作成する(この事象が発生したら、この行動をとる、というような)。

  2. Faced with Distraction, We Need Willpower
 この章では、まず、注意力を保って仕事を進めるためには、意志の力(willpower)が必要であるの述べています。 そして、その意志の力を発揮するための方法として、以下の5項目を挙げています。

 1)Practice small.
 小さなことでも意志力を必要とする行動を積み重ねていけば、意志力は鍛えられて、徐々に強くなる。

 2)Take on your greatest challenges one at a time.
 意志力は、使えば消耗するので、沢山のそれを必要とするチャレンジを同時に2つ以上行わないようにする。

 3)Monitor, monitor, monitor.
 自分の行動をモニターし、友人・知人にもモニターしてもらえば、より目指す行動に集中しやすくなる。

 4)Find time to replenish.
 ストレスフルな仕事などで意志力が減退しても、休憩を取っておやつなど(特に糖分)を取れば、減退した意志力も回復する。

 5)Keep it clean.
 仕事をする場所の周囲をきれいにしておけば、無駄に注意をそらされずに、意志力はより強まる。

  3. How to Beat Procrastination
 この章では、先延ばしに打ち勝つ方法が書いてあります。 愚図な僕にはとても役立った6つの事柄を、以下に述べます。

 1)行動することによって得られる便益を、より大きく・より現実的に感じさせる。
  A. Visualize how great it will be get it done
 例えば、デジタル的に年を取らせた自分の画像を見せられた人は、先延ばしを止めて、より大きな金額を貯蓄するようになる。

  B. Precommit, publicly
 為すべきことを公にすれば、実際にそれが出来る可能性が大幅に高まる。 人の脳は、他人の高評価を大きな報酬として捉えるからである。

  C. Confront the downside of inaction
 行動を起こさないことによる損失に直面すれば、人は行動を起こしやすくなる。 人の脳は、同じ大きさならば利得よりも損失を大きく感じるようになっているからである。

 2)行動を起こすことのコストを小さく感じさせる。
  A. Identify the first step
 為すべきことを小さくブレークダウンして、その小さな・あまり努力のいらないファーストステップを明確にする。

  B. Tie the first step to a treat
 ファーストステップを自分が好むご褒美と結びつければ、しなければならない努力をより小さく感じることが出来る。

  C. Remove the hidden blockage
 上記の手段を講じてもなお先延ばししたがる心理的障害に対して、自分の心の中でその理由を問うて、それがうわべだけのものであることに気付くようにする。



▲ Topへ