ブログ

「マネジメントサイクル」を回しましょう!

 仙台市の経営者の皆様、こんにちは。 「株式会社名門進学会」代表取締役 兼 経営コンサルタントの三沢やすしです。

A

 皆様は、経営に関する用語で「マネジメントサイクル」というものをご存じでしょうか?

1. マネジメントサイクルとは
 もちろんご存じの方は多いと思いますが、ここで改めて説明させて頂きます。 

 「マネジメントサイクル」とは、「1. Plan(計画)→ 2. Do(実行)→ 3. check(検証)→ 4. Action(修正)」、つまり「1.計画を立て、2.それを実行し、3.実行した結果を検証し、4.修正を加える」、という一連の流れのことです。

   PDCAとも
 また、その頭文字を取って、単に「PDCA」あるいは「PDCAを回す」と言うこともあります。   
    
 この「マネジメントサイクル」を回すことは、以下のように、ビジネスで成功するためにとても重要な事柄です。

   1回で狸は取れない
 一般的に、ビジネスにおいては1回で皮算用通りに狸が捕れることはまずありません。 つまり、1回で計画通りに物事が進むことは、ほとんどありません。

 綿密な計画を立て、良かれと思って実行しても、色々と失敗をしたり、と、問題点が色々出てきます。

2. マネジメントサイクルを回す
 これに対しては、失敗を教訓に企業活動を修正し、次の計画を立て・また行動する、というサイクルでビジネスの精度を高めていきます。

 つまり、これが「PDCA」の「マネジメントサイクル」を回すということです。

   出来るだけ多く回す
 ですから、出来るだけ早くビジネスの精度を上げ、出来るだけ早く成功するためには、出来るだけ早く・出来るだけ多くの「マネジメントサイクル」を回し、出てきた問題に対してその都度素早く修正を行っていく必要があります。

 言い換えれば、ビジネスに成功するためには、恐れずにたくさんの失敗をし、その失敗から学んで企業行動を素早く修正し、ビジネスの精度を高めていく、ということを何度も繰り返す必要があります。 
  
3. ウェブではアクセス解析をしながら   
 例えば、当社はウェブマーケティングが得意な企業ですが、それでも、良かれと思ってサイトを制作・修正しても裏目に出ることはよくあります。

 でも、そんなことにはめげずに、ある程度時間を置いてアクセス解析(Google Analyticsで)を行い、その結果を見ながらサイトを修正・再修正して、集客の精度を上げています。   

4. 回し続ければ結果が   
 経営者の皆様、1度や2度の失敗にめげずに「PDCA」の「マネジメントサイクル」を回し続けて下さい。 必ず結果がついてきます。    



▲ Topへ