ブログ

仙台市・経営コンサルタントの「ホームページ制作」

 仙台市で経営コンサルタントをお探しの皆様、こんにちは。 「名門コンサルティング」代表の三沢やすしです。

1. 当社ホームページの制作方法を
 当社は4つのホームページ(「名門コンサルティング」・「名門進学会」・「エンジェル仙台」・「おそうじ工房仙台」)を所有していますが、今日はその制作方法をご紹介します。 三沢がコンサルタントとしてクライアント企業のHP制作を支援する場合も、基本的には同じ方法(下記の方法)を取ります。

2. 設計
 A. コンセプト設計
 一番最初に、制作するHPのコンセプトとトップページの見出し(タイトル)を考えます。 これは、当該HPに載せるビジネスの性質(ドメイン、ポジショニング、マーケティング政策、など)に基づいて決定します。 なお、トップページのタイトルは、SEO(Search Engine Optimization・検索エンジン最適化)対策上とても重要な項目です。

 B. 全体ページ構成の決定
 まず記載しなければならない項目を書き出し、それがMECE(Mutually Exclusive, Collectively Exhaustive・漏れとダブりがない)であることを確認します。 そして、それらをページ構成に落とし込みます。

 C. トップページ構成の決定
 トップページは、そのHPの顔であり、いわばビジネスの顔でもあります。 ここで、トップページの構成をどうするか、デザイナーにどう伝えるかまで考えて、熟慮して決めます。

 D. その他のページのラフ設計
 トップページ以外の各ページに、それぞれ記載する項目をどのように置くか考えます。 これは、次のテキスト作成も睨んでラフに決めます。

3. テキスト作成
 A. 各ページの見出しを作成
 HPのテキスト作成は、すべてトップダウンで行います。 ボトムアップで行うと、まとまらなくなります。 ですから、最初に各ページの見出し(タイトル)を作成し、納得がいくまで推敲します。

 B. ページ毎に小見出しを作成
 ページ毎に、見出しの下に、必要な小見出しを必要な数だけ作成して、納得がいくまで推敲します。

 C. 各ページのテキストを作成
 ページ毎に、小見出しの下に入るテキスト全文を作成し、納得がいくまで何度でも加筆・修正します。 時間が掛かる作業です。

4. グラフィックデザイン
 いつも当社のHPをデザインしているグラフィックデザイナーに、今回のHPのコンセプトを詳細に説明し(口頭で説明し、メールでも送る)、3.で出来上がった全テキストをメールで送って、トップページをはじめすべてのページのデザインを行ってもらいます。

5. 制作(コーディング)
 全テキストと、4.で出来上がったグラフィックデザインを、いつも当社のHPを制作してくれるHP制作会社の担当者にメールで送ります。 そして、当該HPのコンセプトを伝え、SEO対策をするキーワードを伝えます。

   デザインとSEO対策に優れた
 担当者は三沢の高校の後輩なのですが、SEO対策をするキーワードに合わせて適切にタグを打ち、最終的なHPを制作してくれます。 こうして制作した当社及び当社のクライアントのHPは、すべて、デザインに優れ、SEOにも強いものに仕上がっています。



▲ Topへ