ブログ

仙台市・経営コンサルタントが読む「Harvard Business Review」7

 仙台市で経営コンサルタントをお探しの皆様、こんにちは。 「名門コンサルティング」代表の三沢やすしです。

1. 企業リーダーのための「EI」の本を
 今日は、世界的な名門の経営大学院「Harvard Business School」が出している権威あるビジネス誌「Harvard Business Review(HBR)」で、その「Emotional Intelligence」の本を読了した感想と中身の概略をお話しします。  経営者の皆様は、興味を持って読めるお話しですので、ぜひ最後までご覧下さい。

2. HBR書籍:Emotional Intelligence

US$24.95(Amazonで2,200円くらいで購入)

裏表紙

目次

中身1

中身2

   リーダーの心の持ち方の本です!
 この書籍のタイトルは、上述のように「Emotional Intelligence」ですが、そこは「HBR」なので、最初から最後まで「企業リーダーとしての精神力の増し方や心の持ち方」について書いてあります。
 
 経営者としての能力の一つが精神力であることは間違いないので、この本を読んで、書いてあることを実行すれば、今後の貴社のパフォーマンスに大きく貢献するはずです。

   頭の良い人たちが書いているので
 また、この本の著者は、HBS(Harvad Business School)の教授やHBSを卒業して世界最高のコンサルティングファーム「マッキンゼー」で出世している人、など、とても頭の良い人たちばかりです。 ですから、難しいことでも分かりやすく、かつ、プレーンな英語で書いてあります。 その結果、未熟な僕でも、この本をすらすら読めました。

3. Contents(目次)
  1. What Makes a Leader?

  2. Primal Leadership:The Hidden Driver of Great Performance

  3. Why It’s so Hard to Be Fair

  4. Why Good Leaders Makes Bad Decisions

  5. Building the Emotional Intelligence of Groups

  6. The Price of Incivillity:Lack of Respect Hurts Morale-and the Bottom Line

  7. How Resillience Works

  8. Emotional Agility: How Effective Leaders Manage Their Negative Thoughts and Feelings

  9. Fear of Feedback

  10.The Young and Clueless

4. 面白かったコンテンツとその概略
  1. Primal Leadership:The Hidden Driver of Great Performance
 この章では、まず、「リーダーの感情的知性が社内(特にボトムライン)の雰囲気に大きな影響を与える」と述べています。 そして、感情的リーダーシップを強めるための方法として、以下の5ステップを挙げています。

 1)Who do you want to be?
 「自分自身をとても能力の高いリーダーであるとイメージしなさい。 そうすれば、何が見えてくるか?」という思考演習によって、自分の理想と現実とのギャップを明らかにする。

 2)Who are you now?
 同僚や部下からの360度のフィードバックを集めて、自分のリーダーシップを見つめ直しなさい。 それによって、自分の強みと弱みを把握しなさい。

 3)How do you get from here to there?
 「現在の自分と成りたい自分のギャップを埋めていくための計画」を立てなさい。

 4)How do you make change stick?
 「取るべき新たな行動が自動的に出来るようになるまで」繰り返し練習しなさい。

 5)Who can help you?
 最後に、自分一人で感情的スキルを築き上げようとするのではなく、助けてくれる人を見つけなさい(コーチや仲間など)。

  2. Building the Emotional Intelligence of Groups
 この章では、まず、「仕事はチームでなされることが多いので、集団の感情的知性(EI)はとても重要である」と述べています。 集団のEIは、単に個々のメンバーのEIの合計ではなく、感情的気づきと調整をサポートする規範からくるものであり、その規範が集団としての「信頼、アイデンティティ、効力感」を築く、としています。

 そして、集団内の個々人及び集団としてのEIを高める方法を、ここで詳細に記しています(このブログでその概略を書くには紙幅が足りないので、残念ながら割愛させて頂きます)。

  3. Emotional Agility:How Effective Leades Manage Their Negative Thoughts and Feelings
 この章では、ビジネスリーダーが「生産性を高めるEmotional Agility」を持ち得るようにする4つのステップ、について記しています。 その4つとは、以下の通りです。

 1)Recognize your patterns
 「自分が特有の思考パターンを持っている」ことを認識する。

 2)Label your thoughts and emotions
 自分の考えや感情に名前を付けることによって、それが一時的なものであることに気が付き、自分にとって有益か無益か判断出来るようになる。

 3)Accept them
 自分の考えや感情を、心を広く持って、あるがままに受け入れてかみしめる。 そうすれば、重要な事柄が何かというシグナルが得られ、些末な事柄に煩わされないようになる。

 4)Act on your values
 最後のステップとして、自分自身の価値に従って行動する。 この一連のステップを踏むことによって、自分が最もなりたいリーダーになれる。



▲ Topへ