ブログ

仙台市・経営コンサルタントが読む「Harvard Business Review」18

 仙台市で経営コンサルタントをお探しの皆様、こんにちは。 「名門コンサルティング」代表の三沢やすしです。

1. 「プロジェクト管理」の本を
 今日は、世界的な名門の経営大学院「Harvard Business School」が出している権威あるビジネス誌「Harvard Business Review(HBR)」で、その「Project Management」の本を読了した感想とその概略をお話しします。  プロジェクトマネージャーとしての仕事に役立つお話しですので、該当する方はぜひ最後までご覧下さい。

2. HBR書籍:Project Management

US$19.95(Amazonで1,800円くらいで購入)

裏表紙

目次

中身1

中身2

   A.プロジェクトを成功させるための
 この本は、「Project Management」という書名の通り、最初から最後まで「プロジェクト管理の方法」が載っています。 ただ、そこは「HBR」なので、マネージャーとして、「チームスタッフを率いて、どのようにしてプロジェクトを成功させるのか・組織の要求を達成するのか」ということが重点的に述べられています。

   B.頭の良い人たちが書いているので
 また、この本の著者は、HBS(Harvad Business School)の教授や世界最高のコンサルティングファーム「マッキンゼー」で出世した人など、とても頭の良い人たちばかりです。 ですから、難しいことでも分かりやすく、かつ、プレーンな英語で書いてあります。 その結果、未熟な僕でもこの本をすらすら読めました。

3. Contents(目次
  1. Overview
    1,2章

  2. Phase1:PLANNING
    3,4,5,6章

  3. Phase2:Build-UP
    7,8,9,10,11,12章

  4. Phase3:IMPLEMENTATION
    13,14,15,16,17,18,19章

  5. Phase4:CLOSEOUT
    20,21章

4. 面白かったコンテンツとその概略
  第1章:The Four Phases of Project Management
 最初にあるこの章は、プロジェクト管理の方法全体をを俯瞰したものになっています。 つまり、ここには、上記「3. Contents(目次)」に記載してあるフェーズ毎のマネジメント方法の概略が記載してあるので、以下にそれを簡単に記します。

  1)Planning: How to Map Out a Project
 最初は、プロジェクト遂行のための計画を立てるフェーズです。

   A. Determaine the real problem to solve
 まず、そのプロジェクトで解決しなければならない「(必ずしも明白ではない)本当の問題」を決定する。

   B. Identify the stakeholders
 円滑な進行のために、そのプロジェクトに関わる利害関係者を特定する。

   C. Define project objectives
 当該プロジェクトの目的をはっきりさせる(これはとても重要!)。

   D. Determine scope, resources, and major tasks
 当該プロジェクトの範囲、投入する資源、主要な作業、を決定する。

   E. Prepare for trade-offs
 当該プロジェクトに投入する資源と納期や完成度のトレードオフを考える。

  2)Build-Up: How to Get the Project Going
 チームメンバーと共にタイムスケジュールと予算を求め、資源を集めるフェーズです。

   A. Asseble your team
 当該プロジェクトにふさわしい能力を持つメンバーを集めて、チームを組む。

   B. Plan assignments
 個々のチームメンバーに、どのように作業を割り当てるか計画する。

   C. Create the schedule
 プロジェクトを遂行するタイムスケジュール(作業毎の終了日を決めておく)を作る。

   D. Hold a kickoff meeting
 チームメンバー全員を集めてキックオフミーティングを開催する。

   E. Develop a budget
 プロジェクトを細分化してそれぞれのコストを求め、そこから全体の必要経費を求める。

  3)Implementation: How to Excute the Project
 最も重要な、プロジェクトを実行する(実際に作業をする)フェーズです。

   A. Monitor and control process and budget
 プロジェクト全体を大きく見て、プロセスと経費をコントロールする。 適切なソフトウエアを用いる。

   B. Report Progress
 利害関係者にプロジェクトの進捗状況を報告する。

   C. Hold weekly team meetings
 毎週チームメンバーを集めて会議を開き、それぞれの作業の進捗状況や問題点を報告させる。

   D. Manage problems
 問題が発生したら、それが大きくならないうちに解決する。

  4)Closeout: How to Handle End Matters
 当該プロジェクトを終了するフェーズです。 ここでもやるべきことがいくつかあります。

   A. Evaluate project performance
 当該プロジェクトが、関係者が求める目標をクリアして終えたかを検証する。

   B. Close the project
 当該プロジェクトを終了して、今後その成果物を有効に使えるようにする。

   C. Debrief with the team
 チームメンバーに作業とその結果の問題点を報告させ、それを文書にまとめる。

   D. Develop a post-evaluation report
 当該プロジェクトの(発生した問題なども明記した)事後評価報告書をまとめる。 これは、次回以降のプロジェクト遂行に役立つ。



▲ Topへ