ブログ

仙台市・経営コンサルタントが読む「Harvard Business Review」23

 仙台市で経営コンサルタントをお探しの皆様、こんにちは。 「名門コンサルティング」代表の三沢やすしです。

1. 「ビジネスマンとしての生産性」を高める本を
 今日は、世界的な名門の経営大学院「Harvard Business School」が出している権威あるビジネス誌「Harvard Business Review(HBR)」で、その「Being More Productive」を読了した感想とその概略をお話しします。 ビジネスマンとしての自らの生産性を高めたい方は、ぜひ最後までご覧下さい。

2. HBR書籍:Being More Productive

US$19.95(Amazonで1,800円くらいで購入)

裏表紙

目次

中身1

中身2

   A. 仕事での自分の生産性を高める方法が
 この本は、「Being More Productive」という書名にふさわしく、最初から最後まで「ビジネスマンとして自分の生産性を高める方法」が載っています。 ただ、そこは「HBR」のガイドブックなので、能力と意欲の高いオフィスワーカーを対象としたものになっています。

   B. 頭の良い人たちが書いているので
 また、この本の著者は、HBS(Harvad Business School)などの教授や世界最高のコンサルティングファーム「マッキンゼー」で出世した人など、とても頭の良い人たちばかりです。 ですから、難しいことでも分かりやすく、かつ、プレーンな英語で書いてあります。 その結果、未熟な僕でもこの本をすらすら読めました。

3. Contents(目次)
  Section1: Take Stock
   1,2,3章

  Section2: Plan Your Day
   4,5,6,7,8,9,10,11,12,13,14章

  Section3: Find Your Focus
   15,16,17,18,19,20,21,22,23章

  Section4: Motivate Yourself
   24,25,26,27,28,29章

  Section5: Get More Done on the Road
   30,31章

  Section6: Take Time Off
   32,33,34章

4. 面白かったコンテンツとその概略
  1. A Toolto Help You Reach Your Goals in
 この章は、目標達成の研究で有名な Heidi Grant さん(コロンビア・ビジネススクール教授)が書いています。 内容は、高い確率で目標を達成するための4つのステップについてで、それを以下に記します。

 1)最初に、目標を立てる。

 2)立てた目標を、いくつかの明確な小目標にブレークダウンする。

 3)それぞれの小目標を達成するための行動を、詳細に確認する(誰が、いつ、どこで、どのように)。

 4)行動への引き金となる「If-Then」プランを作成する(この事象が発生したら、この行動をとる、というような)。

  2. Faced with Distraction, We Need Willpower
 この章では、まず、注意力を保って仕事を進めるためには、意志の力(willpower)が必要であるの述べています。 そして、その意志の力を発揮するための方法として、以下の5項目を挙げています。

 1)Practice small.
 小さなことでも意志力を必要とする行動を積み重ねていけば、意志力は鍛えられて、徐々に強くなる。

 2)Take on your greatest challenges one at a time.
 意志力は、使えば消耗するので、沢山のそれを必要とするチャレンジを同時に2つ以上行わないようにする。

 3)Monitor, monitor, monitor.
 自分の行動をモニターし、友人・知人にもモニターしてもらえば、より目指す行動に集中しやすくなる。

 4)Find time to replenish.
 ストレスフルな仕事などで意志力が減退しても、休憩を取っておやつなど(特に糖分)を取れば、減退した意志力も回復する。

 5)Keep it clean.
 仕事をする場所の周囲をきれいにしておけば、無駄に注意をそらされずに、意志力はより強まる。

  3. How to Beat Procrastination
 この章では、先延ばしに打ち勝つ方法が書いてあります。 愚図な僕にはとても役立った6つの事柄を、以下に述べます。

 1)行動することによって得られる便益を、より大きく・より現実的に感じさせる。
  A. Visualize how great it will be get it done
 例えば、デジタル的に年を取らせた自分の画像を見せられた人は、先延ばしを止めて、より大きな金額を貯蓄するようになる。

  B. Precommit, publicly
 為すべきことを公にすれば、実際にそれが出来る可能性が大幅に高まる。 人の脳は、他人の高評価を大きな報酬として捉えるからである。

  C. Confront the downside of inaction
 行動を起こさないことによる損失に直面すれば、人は行動を起こしやすくなる。 人の脳は、同じ大きさならば利得よりも損失を大きく感じるようになっているからである。

 2)行動を起こすことのコストを小さく感じさせる。
  A. Identify the first step
 為すべきことを小さくブレークダウンして、その小さな・あまり努力のいらないファーストステップを明確にする。

  B. Tie the first step to a treat
 ファーストステップを自分が好むご褒美と結びつければ、しなければならない努力をより小さく感じることが出来る。

  C. Remove the hidden blockage
 上記の手段を講じてもなお先延ばししたがる心理的障害に対して、自分の心の中でその理由を問うて、それがうわべだけのものであることに気付くようにする。



▲ Topへ