ブログ

仙台・経営コンサルタントが読む「Harvard Business Review」28

 仙台市で経営コンサルタントをお探しの皆様、こんにちは。 「名門コンサルティング」代表の三沢やすしです。

1. マネージャーのための「戦略遂行」の本を
 今日は、世界的な名門の経営大学院「Harvard Business School」が出している権威あるビジネス誌「Harvard Business Review(HBR)」で、「Managing Strategic Initiatives」を読了した感想とその概略をお話しします。 全社戦略の推進に貢献したい管理職の方は、ぜひ最後までご覧下さい。

2. HBR書籍: Managing Strategic Initiatives

US$19.95(Amazonで1,800円くらいで購入)

裏表紙

目次

中身1

中身2

   A. 「全社戦略」と整合性のある「部門戦略」の進め方が
 この本は、「Managing Strategic Initiatives」という書名の通り、戦略構想(全社戦略と整合性のある部門戦略)の進め方が、詳細に記述されています。 ただ、そこは「HBR」のガイドブックなので、規模のある企業の野心的なマネージャークラスを対象読者としています。

   B. 頭の良い人たちが書いているので
 また、この本の著者は、HBS(Harvad Business School)などの教授や世界最高のコンサルティングファーム「マッキンゼー」で出世した人など、とても頭の良い人たちばかりです。 ですから、難しいことでも分かりやすく、かつ、プレーンな英語で書いてあります。 その結果、未熟な僕でもこの本をすらすら読めました。

3. Contents(目次)
  Introduction
   Putting strategy into Action

  Section1: From idea to Pitch
   1. A Guide to Winning Support for Your New Idea or Project

   2. How to Keep Support for Your Project from Evaporating

   3. You’ve Pitched Your Initiative-What’s Next?

  Section2: Evaluating and Prioritizing an Initiative Portfolio
   4. Which Initiatives Should You Implement?

   5. A Better Way to Set Strategic Priorities

   6. Too Many Projects

   7. The Initiative Portfolio Review Process

   8. Rebalance Your Initiative Portfolio

  Section3: Launching and Implementing Initiatives
   9. New Project? Don’t Analyze-Act

   10.Monitoring and Controlling Your Project

   11.Building a Transformative Team

   12.Teamwork on the Fly

   13.Why Good Projects Fall Anyway

  Section4: Maintaining Momentum and Overcoming Challenges
   14.For Ways to Be More Effective at Execution

   15.Learning in the Thick of it

   16.How to Hand Off an Innovation Project from One Team to Another

   17.Making Process Improvements Stick

   18.Your Initiative Needs an “Exit Champion”

  Section5: Keeping Strategy and Execution Aligned
   19.Good Strategy Execution Requires

   20.Five Ways the Best Companies Close the Strategy-Execution Gap

4. 役に立つコンテンツとその概略
  1. Which Initiatives Should You Implement?
 この章では、「沢山ある戦略構想の中でどれを優先的に実行すべきか」を見極める方法が述べられています。 ほとんどの企業が、戦略実行のために投入できる資源には限りがあるので、どの戦略構想を優先的に実行していくのか正しく見極めなければなりません。

 1)Develop Project-Prioritization Criteria
 ここでは、「プロジェクトの優先順位を決定する基準をはっきりとさせなさい。」と記しています。 そして、「その基準は、当該企業の主な目標から導かれる。」と述べています。

 2)Analyze Resource Capacity
 ルーチン以外の戦略実行に使える資源(人的のみならず物的な面でも)を把握し、どこまでのプロジェクトが実行可能か特定しておく。

 3)Gather and Organize Information on Current and Planned Projects
 どれだけのプロジェクトが進行中&企画中か、それらの目的は何なのか、それらのプロジェクトがどれだけの資源を消費しているのか、などの情報を集めて、まとめておく。

 4)Evaluate the Project Portfolio
 どのプロジェクトが連結可能か、どのプロジェクトを同時に実行できるか、どのプロジェクトを棚上げするか、など、プロジェクト・ポートフォリオを評価する。

 5)Implement an Ongoing Project-Portofolio-Management Process
 適宜プロジェクトのレビューを行うなどして、進行中のプロジェクト・ポートフォリオ管理プロセスをきちんと実施し、それを記録に残す。 それが、次回以降の業務につながる。

  2. Four Ways to Be More Effective at Execution
 この章では、戦略プロジェクトを効果的に実行するための4つの方法を記載しています。 どんなに立派な構想でも実行されなければ用をなさないので、実行(Implementation)は非常に重要なポイントです。

 1)Be Clear and Methodical
 まず、1人1人に責任を持って行動してもらうために、(全体としてではなく)誰が何をするのかを明確にする。 そして、指示・命令は、分かりやすく明確に行い、全社戦略やミッションと結びついたものにする。

 2)Set Stretch Goals and Deadlines
 厳しくはあるが、努力すれば達成可能な「高い目標と短めの期限」を設定する。 そうすれば、チームメンバーにより大きな達成意欲・業務への関り・満足感をもたらす。

 3)Give More Feedback, Especially More Positive Feedback
 業務の遂行は、メンバーの内面的なモチベーションによるものが最良である。 そのためには、彼らに対して効果的なフィードバック、特にポジティブなフィードバックを多く行うようにする。

 4)Resolve Conflict and Build Team Unity
 仕事のモチベーションを保つためには、職場の人間関係は大切である。 そのために、リーダーとして、チームメンバー間の(建設的でない)感情的対立を解消し、チームの一体感を育むようにする。 



▲ Topへ