ブログ

仙台・経営コンサルタントお勧めの「適性検査(SPI)」

 仙台市で経営コンサルタントをお探しの皆様、こんにちは。 「名門コンサルティング」代表の三沢やすしです。

1. 当社では「適性検査」を実施中!
 僕が経営する「株式会社名門進学会」では、東北大生家庭教師派遣の「名門進学会」でも、家事代行サービスの「エンジェル仙台」でも、採用面接をオンラインで行っています。 そうすると、対面での採用面接と比べて応募者の人柄が分かりづらいということがあります。

名門進学会HP

エンジェル仙台HP

   採用活動が楽になって
 そこで、当社では、すべての応募適格者に、面接の1週間ほど前にウェブ上で適性検査を受けてもらっています。 このことによって、応募者の性格や知的能力がある程度わかり、その後の採用活動(特に面接)が格段に楽になりました。

2. 自分でも「適性検査」を受けてみて
 この適性検査は、リクルート社の「SPI3」を使っています。 費用は、受検者1人当たり4千円です。 応募者に受けてもらう前に、念のため、自分でも大学生対象の「SPI3」を受けてみました。

SPI3・資料1

SPI3・資料2

SPI3・資料3

   知能・数学系があまり出来ず
 僕は、学生時代の就職活動期間中に何度もSPIを受けていて、知能・学力系の問題には非常に強い自信を持っていました。 ところが、今回25年振りに受けてみて、言語系は相変わらず良く出来ましたが、加齢のせいか知能・数学系の時間が足りなくなり、そちらの方はあまり良い出来ではありませんでした。

   性格は「極悪非道!」のはずだが
 また、僕の性格については、「とてもバイタリティがある。」と出ましたが、これは起業家としては当然のことです。 それよりも、僕の本来の性格は「極悪非道!」or「狂暴!」なのですが、「SPI3」の性格検査の結果がそう言うふうには出てこなかったので、これはかなり意外でした(笑い)。

3. 採用面接前の適性検査の勧め
 当社で応募者に適性検査を受けてもらって、判明したことがあります。 採用面接の前に適性検査を受けてもらうと、リクルート社のシステムから、個々の応募者(受検者)ごとに「面接の際に留意する点・質問すべき事項」などが示されるので、的確な採用面接・採用活動が行いやすくなりました。

   知的能力が高い方が
 また、今までの経験から、当然のことではありますが、学歴や知的能力の高い人の方が良い仕事をしてくれます。 このことは、家庭教師のみならず、家事代行サービスの「エンジェル仙台」でも当てはまります。 この点「SPI3」では、性格的なものと知的能力の両方が分かるので、かなり使用価値が高いです。

   皆様の会社にもお勧め!
 上述のようにメリットの多い適性検査「SPI3」、このブログをご覧の皆様の会社でもぜひ採用されることをお勧めします。 求人広告などの費用に加えて1人当たり4千円の費用が追加的に掛かりますが、「望ましくない人を採用してしまって会社に損害を出すリスク」を大きく減らすことが出来ます。



▲ Topへ