ブログ

仙台・経営コンサルタントの「自社手配のチラシを撒く」メリット

 仙台市で経営コンサルタントをお探しの皆様、こんにちは。 「名門コンサルティング」代表の三沢やすしです。

1. 「自社手配のチラシを撒く」メリット
 今日は、実店舗型企業のために、「フリーペーパーなどに広告を出した場合」と比べての「自社手配のチラシを撒くメリット」について、お伝えします。

  1)沢山の情報を載せられる
 フリーペーパーのような無料配布紙は、自社が結構な金額を支払っても、あまり大きな広告を掲載してくれません。 もちろん、これは、自社の広告代金を情報誌部分の制作代金にも充てている(&フリーペーパー発行企業の利益)からです。

 これに対して、チラシは、自社で決めた大きさの用紙の両面を使えるので、自社のビジネスや商材(商品 or サービス)を紹介するのに十分な情報を載せられることが多いです。

  2)文章やデザインの自由度が高い
 フリーペーパーなどが掲載する広告は、ほとんどの場合、その会社専属のライターとグラフィックデザイナーが制作するので、広告主の表現の自由度が大きくありません。

 これに対して、自社制作のチラシは、自社スタッフまたは自社が手配したライターが文章を作成し、自社が手配したグラフィックデザイナーがデザインをするので、自社の意向を強く反映したものを作れます。

  3)自社の商圏に合わせて撒ける
 フリーペーパーなどは、ほとんどの場合、自社(自店舗)の商圏を超えて広い範囲に数多くばらまかれます。 これも、フリーペーパーなどの広告が高くつく理由の1つです。

 これに対してチラシは、自社(自店舗)の商圏に合わせて撒けるので(新聞販売店、新聞系広告代理店などに依頼すれば、チラシ1枚につき3円くらいで指示した地域に撒いてくれます)、費用対効果が良くなります。

2. 「自社手配のチラシを撒く」デメリット
 次に、自社でチラシを手配して撒く場合のデメリットを上げます。 これは、1)初期費用(チラシの制作費用)がある程度掛かる。 2)自社に、チラシの設計を出来るだけの能力が必要である。 3)制作費用を安く上げるためには、「ランサーズ」などのクラウドソーシングサイトでライターやグラフィックデザイナーを手配する手間が掛る。 などがあります。

3. 長い目で見れば大きなメリットが
 上記 1. 2. に、フリーペーパーなどに広告を出した場合と比べての「自社手配のチラシを撒く」メリットとデメリットを挙げました。 これらを総合すると、自社に良いチラシを設計する能力があれば、初期の費用と手間は掛かっても、自社で手配したチラシを撒くことは「長い目で費用対効果を見ると」大きなメリットがある、と考えられます。    



▲ Topへ