ブログ

フロントエンド商材とバックエンド商材

 仙台市で経営コンサルタントをお探しの皆様、こんにちは。 「株式会社名門進学会」代表取締役 兼 経営コンサルタントのの三沢やすしです。

 今日は、「フロントエンド商材」「バックエンド商材」のお話をさせて頂きます。

A

 ビジネスを構築しようとするときには、どんなビジネスでもフロントエンド商材とバックエンド商材の設定ということを意識して行うべきです。

1. それぞれの内容は?
 ビジネスにおいて、フロントエンド商材とは、 「価格が安く利幅が薄いものの、多くのお客様を呼び込める商品やサービス」 のことで、バックエンド商材とは 、「付加価値を高めて高い価格設定をし、利幅が大きく取れる商品やサービス」のことです。

2. まずはフロントエンド商材で集客
 まずは、フロントエンドの安くお得な商品やサービスで多くのお客様を集め、集まったお客様に、本命であるバックエンドの利幅が取れる商品やサービスを購入して頂いて多くの利益を得る、というのが儲かるビジネスの原則です。

 ディナーが2万円もするような高級レストランでもランチは5千円、といった場合がこの例です。 この場合、安くお得なフロントエンド商材のランチで多くのお客様を集めて、美味しさなどを確認して頂きます。

3. 集まったお客様にバックエンド商材を
 そして、集まったお客様に、本命のバックエンド商材である高額のディナーを食べて頂いて多くの利益を上げる、という方策を取ります。 これが、フロントエンド商材で集客し、バックエンド商材で利益を上げるということです。

 これが、バックエンドの商品やサービスを設定しないで、フロントエンドの薄利多売の商品やサービスのみを提供すると、目一杯忙しいのにもうけは少ない、いわゆる繁盛貧乏、といった悲惨なことになります。

   繁盛貧乏回避のためにも
 ですから、ビジネスを構築するときに、お客様に提供する財やサービスをフロントエンドとバックエンドに切り分けておくということを行えば、繁盛貧乏には陥らず、利益がしっかり取れる可能性が高まります。

 とはいえ、偉そうなことをいっている僕も、自分のビジネスでは必ずしも集客・導入のためのフロントエンド商材を設定しているとは言いがたいので、紺屋の白袴なのですが。



▲ Topへ