ブログ

リスティング広告とその効果的な用い方

 仙台市の経営者の皆様、こんにちは。 「株式会社名門進学会」代表取締役 兼 経営コンサルタントの三沢やすしです。

A

 皆様は、「リスティング広告」という言葉を聞いたことがありますか?

1. 検索エンジン連動広告とも
 リスティング広告とは、インターネットで、GoogleやYahoo(Yahooも2010年12月からは検索エンジンの中身はGoogleになりました。)の検索結果の上方や右側に表示される広告のことです。 

 別名、検索エンジン連動広告とも言いますが、これは検索エンジンに入力したキーワードに合わせて出てくる広告だからです。

   トラフィック増大のために
 一般的に、リスティング広告は、SEO(検索エンジン最適化)対策だけでは十分なトラフィックが得られないとき、及びSEO対策が上手くいっていないときなどに、トラフィック(訪問者数)増大を目的として用いるものです。

2. 当社でもリスティング広告を使用
 当社でも、トラフィックを増やすために、家政婦・家事代行サービスの「エンジェル仙台」でこのリスティング広告を使っています。

 結果としては、コンバージョンレート(サイトを見た人が問い合わせ等の反応を起こす割合)・アクジッションレート(サイトを見た人の成約率)は、かなり程度取れています。

   お客様が増えています
 また、リスティング広告の見出しやテキストを工夫しているおかげで、クリックスルーレート(リスティング広告をみた人がそれをクリックする割合)も高く取れており、リスティング広告を出す前よりもお客様が増えています。

3. SEO対策と合わせて
 皆様の会社でも、サイトを作ってきちんとSEO対策を行っても、サイトが検索結果の上位に表示されるまでには少なくとも3ヶ月、普通は半年ほどかかります。 ですから、その間だけでも、リスティング広告を行ってトラフィックを確保する、という使い方もあります。

   有効なキーワードが分かる
 また、色々なキーワードでリスティング広告を行うことによって、どのような検索語で検索されているかや、どのような検索語で来た見込み客からコンバージョンが取れるか分かる、ということもあります。

   そしてSEO対策に
 そして、リスティング広告で検索数が多く、コンバージョンがたくさん取れたキーワードでSEO対策を行う、というのも同広告の効果的な使い方です。 当社でも、リスティング広告の結果を見て、SEO対策のキーワードを変えたことがあります。                     



▲ Topへ