ブログ

経営コンサルタントは役立たず!

 仙台市の経営者の皆様、こんにちは。 「株式会社名門進学会」代表取締役 兼 経営コンサルタントの三沢やすしです。

A
 
 今回は、我々経営コンサルタントのお話しをさせて頂きます。

1. 机上の空論では済まない
 東北にも多くの有資格・無資格の経営コンサルタントの方がいらっしゃいます。 しかし、会社を経営するということは、コンサルタントが得意な机上の空論では済みません。

 実際に自分でやってみなければ、経験してみなければ分からないものです。 僕もそうなのですが、失敗をたくさん重ねながら、その都度修正していくものです。

2. マッキンゼーのコンサルならば
 世界最高のコンサルティング・ファーム 「マッキンゼー」のコンサルタントのように、ずば抜けて頭が良く、ハーバードやウォートンでMBAを取得し、その後もファーム内でトレーニングを受けたような人たちならば、経営戦略に関する有益なアドバイスも出来るかも知れません。

 しかし、そこら辺にいる、せいぜい「中小企業診断士」や「経営士」を取得した程度でまったく経営に関わったことのないコンサルタントは、上述の理由から、役に立つアドバイスを出来るとはとても思えません。

3. 経験の無いコンサルは役に立たず!
 僕も、経営コンサルタントの国家資格である中小企業診断士を持っているので、その団体である中小企業診断協会支部に所属していた折り、同僚の診断士達と話す機会がありました。

 しかし、彼らと色々と話しをしてみて、その書いたものを読んでみて、繰り返しになりますが、実際に会社を経営した経験の無い彼らが、とても役立つアドバイスを出来るとは思えませんでした。

   何で自分でやらないのか?
 また、年配の診断協会支部幹部に、「診断士の皆さん、人様に経営のアドバイスが出来るくらいなら、なぜ自分で会社を立ち上げて経営しないのでしょうね?」と言ったら、かんかんに怒ってしまいました。

 きっと、痛いところを突かれたから(出来ないから)、怒ったのでしょう。

4.成功している経営者から
 やはり、経営に関するアドバイスを受けるのであれば、具体性のない机上の空論や脳内ネタを並べる経営コンサルタントからではなく、可能であれば、自分で会社を経営して成功している経営者から受けるべきです。

 その方が、はるかに具体的で役に立つアドバイスを得られますので、お金を無駄にすることがありません。



▲ Topへ