ブログ

経営コンサルタントから 「商標登録の勧め」

 仙台市の経営者の皆様、こんにちは。 「株式会社名門進学会」代表取締役 兼 経営コンサルタントの三沢やすしです。 皆様が経営する会社では、社名や商品名・サービス名を商標として登録していらっしゃるでしょうか?

A

1. 当社でも商標登録をしています
 当社では、永続的に事業を行おうと考えているビジネス名やサービス名3つを、商標として登録しています。

   競合に対する法的保護のために
 例えば「名門進学会」は、同名の学習塾が埼玉県にあるので、「おそうじ工房」は、「おそうじ工房○○」と言った名前のハウスクリーニング業者がたくさんあるので、まずはこれら競合に対して法的な保護を掛けておこうという目的のために、商標登録をしています。

「名門進学会」商標登録証

  
  
「おそうじ工房仙台」商標登録証

    
 それから、僕が書いて「家庭教師派遣の名門進学会」 ホームページに載せている「やすしの合格勉強法」は、念のために法的保護を得ておこうということで商標登録してあります。

「やすしの合格勉強法」商標登録証

  
   
2. リスクを避けるために商標登録を
 これに対して、自社で自社名や自社の商品名・サービス名をきちんと商標登録しておかないと、それらが他社によって商標登録されてしまう危険性があります。

   他人・他社に登録されれば 
 そして、他社が自社名や自社の商品名・サービス名を商標登録して、自社に対してそれらの商標の使用差し止めを申し立てた場合、自社が在来の名称を使えなくなったり、あるいは商標登録した他社に商標使用料を払わなければならなくなったりすることがあり、ビジネスに多大な影響や損害を与える可能性が出てきます。

 ですから、しっかりと商標登録をして、自社が永続的に行っていくビジネスに対しては事前に法的保護を掛けておくことが大事です。

3. 弁理士に依頼すればOK!
 なお商標登録は、弁理士や特許事務所に頼めばすぐにやってくれます。 その費用は、当社の場合、インターネットで見つけた大阪の大槻国際特許事務所にお願いして、出願費用と10年間の登録費用を併せて1商標当たり11万円ちょっとです。

   少額しか掛かりませんので
 商標登録は、料金の安い弁理士や特許事務所のお願いすれば、企業にとってはそれほどお金の掛かることではありませんので、念のためにでも自社名や自社の商品名・サービス名を登録しておくことをお勧めします。

 料金の安い特許事務所は上述のようにインターネットで検索できますし、出願企業に手間が掛かることはほとんどありません。     



▲ Topへ