ブログ

本:「仙台・宮城さんぽ」のご紹介

 仙台市で経営コンサルタントをお探しの皆様、こんにちは。 「名門コンサルティング」代表の三沢やすしです。

A

 今日はビジネスを離れて、僕の愛する街仙台の様子やその名所・名物がたっぷりと書いてある本「仙台・宮城さんぽ」をご紹介致します。 ぜひ最後までご覧下さい。

「仙台・宮城さんぽ」表紙
IMG_0210

2015年7月発行
交通新聞社・税別889円
    
     
1. 仙台駅周辺(西口)
 本を見ていくと、最初は「仙台駅周辺(西口)」が出てきます。

 ここでは、仙台市の経営者の皆様にもおなじみの福の神「仙台四郎」が、写真入りで大きく取り上げられています(彼は、クリスロードにある三瀧山不動院に祭られています)。

 また、テレビでもおなじみの名物「仙台朝市」や、東北6県の情報発信地「東北ろっけんパーク」なども載っています。

2. 国分町・一番町
 次の「国分町・一番町」では、定禅寺通りや一番町通りが記載されています。 そして、ここら辺で行われる仙台の四季を彩る以下の祭りやイベントが紹介されています。

 春:「仙台青葉まつり」
 夏:「仙台七夕」
 秋:「定禅寺ストリート・ジャズフェスティバルin仙台」
 冬:「SENDAI光のページェント」

3. 横丁や名物など
 また、昔ながらの「いろは横丁」、「仙台文化横丁」なども個別に紹介されていますし、「牛タン」や「ずんだ」をはじめ仙台名物のいろいろな美味しい食べ物も、それぞれ個別に紹介されています。

ずんだ
IMG_0215
  
  
4. 覇王伊達政宗
 そして、仙台と言えば何といっても、仙台藩始祖・東北の覇王伊達政宗!

 この本では、「杜の都の歴史さんぽ」として、伊達政宗ゆかりの「瑞鳳殿」、「仙台市博物館」、「青葉城資料展示館」、「仙台城址」、「大崎八幡宮」、「輪王寺」、「資福寺」、「青葉神社」、などが載っています。

伊達政宗像
IMG_0212
   
  
5. 最後に
 最後に、この本には、あまり高級なお店は紹介されていません。

 ただ、よくある若者向けのガイドブックやタウン情報誌と違って、大人向けのお店がたくさん掲載されていますので、このブログをよくご覧になる大人の皆様には、この本を手に取って見られることをお勧めします。       



▲ Topへ