ブログ

仙台市の経営コンサルタントお薦め:オフィス省力化「RPA」本2冊

 仙台市で経営コンサルタントをお探しの皆様、こんにちは。 「名門コンサルティング」代表の三沢やすしです。

A

1. オフィス省力化に役立つ本2冊を
 今日は、当社(株式会社名門進学会)でも導入を検討しており、オフィスの省力化に役立つ「RPA(Robotic Process Automation)」についての本2冊をご紹介致します。 「RPA」という言葉を初めて聞いた方もいらっしゃるかも知れませんので、まず「RPA」とは何かお話します。

2. 「RPA」とは何か
 「RPA」とは、これまで人間が行ってきたPC操作を自動化することです。 またその実体は、「PC操作を自動実行するソフトウエア」です。 ルールに基づく定型的な作業を代行し、人間にはあるうっかりミスをなくし、更に省力化や高速処理・24時間稼働により導入企業の生産性を大きく向上させます。

3. 「RPA」に向く作業
 それは、コンピューターによる大量の定型的な作業や反復作業で、特に大量のデータ取得・読み取り・入力・検証などの生産性を大きく向上(省力化)させることが出来ます。

 当社でも、人的サービス業ではよくあるように、本部は直接的には利益を生まないコストセンターです。 そして、本部の人件費は、変動費であるサービススタッフの人件費と違って、売り上げにかかわらず継続的に支払わなければならない固定費です。

 加えて、当社本部ではPCによる定型的・反復的な事務作業が結構多いので、「RPA」を導入して、人件費、ひいては、なるべく節約したい固定的な販管費である本部コスト、を削減しようと考えています。

4.「RPA」の本2冊ご紹介
 以下に、この「RPA」の理解と導入に役立つ本2冊をご紹介致します。 きっと貴社のお役に立ちますので、ぜひ最後までご覧下さい。

RPAの威力
IMG_0458

アビームコンサルティング・安部慶喜他著
日経BP社・税別1,800円
2017年11月20日発行

アビームコンサルティングのコンサルタント2人による共著で、導入事例が豊富に記載されています。 以下に、その内容の概略を記します。

第1章 RPAの本質  なぜRPAが求められているのか
 「日本企業の低い生産性を向上させるためにRPAを導入することが不可欠であり、導入すれば短期間で結果が得られる。」ということが記してあります。

第2章 進め方と成功のポイント  RPAを導入する際の注意点と対応策は?
 実際にRPAを導入する際になすべきことや社内体制、及び注意すべき事柄について述べています。

第3章 先進8社の取り組み  各社の導入の狙いとその効果は?
 既にRPAを導入している先進的な8社の事例が記載されています。

 1.大和ハウス工業
 2.農林中央金庫
 3.ブリヂストン中国
 4.帝人フロンティア
 5.アサツー ディ・ケイ
 6.テレビ朝日
 7.NECマネジメントパートナー
 8.インテージホールディングス

第4章 RPAの将来像  ロボットはどのように進化していくのか? そして人間は
 RPAの将来と、その時の人間とのかかわりについて、筆者たちの意見が述べられています。
  
   
まるわかり! RPA
IMG_0459

日経コンピュータ編・日経BPムック
日経BP社・税別1,800円
2017年12月30日発行

「日経コンピュータ」編集部によるムックで、以下にその内容の概略を記します。

1.人手不足職場の救世主 RPA活用の最前線
 人手不足がRPA導入を促進しているとの認識と、導入の実際について記してあります。

2.金融、製造、住宅 業種を超えて広がる導入事例
 導入事例とその効果(導入企業の定量的・金額的なものも含めて)、などについて書いてあります。

3.~7.(最終章)
 有識者へのインタービュー記事や、RPAを成功裏に導入するためのノウハウ、RPAツール(ソフトウエア)、RPAを導入しての働き方改革、など、幅広い話題について書かれています。
 この辺りは、この本が一番上の書籍とは違って大判のムックなので、むべなるかなという気もします。 とは言え、その分値段の割に十分なボリュームがあるので、OK!ではありますが。



▲ Topへ